楽天イーグルス主催試合のライブ動画を、FOMA向けにパケット通信でストリーミング配信 | RBB TODAY

楽天イーグルス主催試合のライブ動画を、FOMA向けにパケット通信でストリーミング配信

ブロードバンド その他
拡大写真
 楽天野球団とIMJモバイル、jig.jpの3社は共同で、東北楽天ゴールデンイーグルスの携帯公式サイトで、楽天主催試合のパケット通信方式によるライブ動画配信を、6月2日に行なわれる中日戦より本格スタートする。

 楽天野球団とIMJモバイル、jig.jpの3社は共同で、東北楽天ゴールデンイーグルス(以下、楽天イーグルス)の携帯公式サイト「楽天イーグルス・モバイル」において、従来のVライブ方式での動画配信に加え、新たにパケット通信方式で、フルキャストスタジアム宮城で行われる楽天イーグルス主催試合のライブ動画配信を、2006年6月2日(金)に行なわれる中日戦より本格スタートする。

 配信の映像は楽天イーグルス・モバイルに会員登録し、観戦用のアプリケーション「jigムービープレイヤー」をダウンロードすることで、現在「イーグルスTV」においてパソコン向けに配信している内容をリアルタイムに受信でき、試合観戦を体験できる。テレビやパソコンがない環境でも携帯電話で楽天イーグルスの試合を楽しめるだけでなく、中継中はコマーシャル放送がないため、ここぞというシーンを見逃すことがない。

 また、映像はパケット通信を利用したストリーミングで配信されるため、パケット定額制を利用しているユーザーであれば、通信費を気にすることなく試合観戦を楽しめるのが最大の特徴と言える。ちなみに従来のVライブ方式では、通信料が最も安価になるケース(タイプLLの料金プランで「ゆうゆうコール」を適用した場合)でも、30秒あたり10.29円(税込み)がかかる。

 サービス開始は6月2日の中日戦からで、今後、フルキャストスタジアム宮城で行われる楽天イーグルス主催試合についてライブ動画を配信する。視聴用アプリケーションが対応する携帯端末は、NTTドコモのFOMA900i/700iシリーズ以降。利用料は月額315円(税込み、登録月より有料)。

 なお、今後フルキャストスタジアム宮城で、各座席の後部にモバイルサイトのQRコードを貼付するPR活動も開始するという。試合中も同サイトへ容易にアクセスでき、目前でプレーする選手情報をその場でチェックできるなど、試合を楽しむサポートを支援するとしている。

 ライブ動画配信サービスの概要は以下のとおり。

●アクセス方法:
 [i-モード] 
 [メニューリスト] ⇒ [スポーツ] ⇒ [野球] ⇒ [楽天イーグルス・モバイル]
●サイトURL:
 http://m.rakuteneagles.jp/
●視聴用アプリケーション対応端末:
 NTTドコモ製 FOMA902i/901i/900i/702i/701i/700iシリーズ、
 Music Porter II/prosolid II
●利用料:月額315円(税込み、登録月より有料)

《小笠原陽介》

【注目記事】