タニタ、身体状態を計測・蓄積してウェブ上で生活アドバイスをするヘルスケアサービス | RBB TODAY

タニタ、身体状態を計測・蓄積してウェブ上で生活アドバイスをするヘルスケアサービス

ブロードバンド その他
タニタ、ヘルスケアサービス「モニタリング・ユア・ヘルス」
タニタ、ヘルスケアサービス「モニタリング・ユア・ヘルス」 全 2 枚
拡大写真
 タニタは8日、ネットワーク対応バイタルセンサー(身体の状態を測定する機器類)とウェブサービスを連携させたヘルスケアサービス「モニタリング・ユア・ヘルス」を開始した。料金は、入会金が2,000円、月額料金が1ユーザーあたり1,200円。

 モニタリング・ユア・ヘルスは、新開発のバイタルセンサーで計測したデータをUSBメモリタイプの専用キー(リレーキー)を通じてネットワーク上の専用データベースに自動的に取り込んで蓄積し、ウェブ上で個人に合った食事分析やアドバイス、食事や運動の履歴を管理するサービス。現在対応しているバイタルセンサーは体組成計、血圧計、歩数計のみだが、順次他の機器でも利用可能とするとのことだ。

 同社では、保健指導や予防医療、老人介護、見守り分野などの法人市場向けにも展開することで、2007年度には会員数4万人、売上高5億円、2009年度には会員数45万人、売上高50億円を目指すとした。

《富永ジュン》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース