裏側が進化…吸引力5倍、iRobot「ルンバ800シリーズ」登場 | RBB TODAY

裏側が進化…吸引力5倍、iRobot「ルンバ800シリーズ」登場

IT・デジタル その他
ルンバ880
ルンバ880 全 13 枚
拡大写真
 米 iRobot社のロボット掃除機「ルンバ」シリーズに、吸引力が5倍・清掃性能が最大50%アップした新ハイエンド機「ルンバ800シリーズ」が3月1日から発売される。

 新しいルンバ800シリーズは2機種。価格は上位機種の「ルンバ880」が7万6000円(税抜)、「ルンバ870」は6万6477円(税抜)。国内販社は iRobot日本総代理店であるセールス・オンデマンド。800シリーズの店頭販売は日本が世界初、ルンバ870は世界初発表になる。

 両機は基本性能は共通としながら、上位の880はルンバの動きをナビゲートしてくれる「お部屋ナビ」や交換用エッジクリーニングブラシなど付属品が充実する。本体カラーは880がブラック、870がピューターグレー。800シリーズの発売後も700/600シリーズは併売され3シリーズ展開になる。

 2月18日に東京都内で開催された新製品発表会には、iRobot社CEOのコリン・アングル氏が出席。新製品は「本体裏側の進化が革命的」としながら、新しく採用された“3つの大きな特徴”を説明した。

■ルンバ800から新搭載された「AeroForceクリーニングシステム」

 一つめに、本体搭載のローラーを大きく改善。新しく800シリーズから新たに搭載された「AeroForce(エアロフォース)エクストラクター」では、700/600シリーズに搭載されているブラシ状のローラーを変更して、弾力と剛性のあるゴム系の特殊素材を採用。2本のローラーが床を叩きながら、ゴミを浮かせてかき集める。2本のローラーの間隔を狭くとることで、空気が流れる経路の密閉性を高めて強力な空気の流れをつくり出す「真空エアロフロー構造」と合わせて、吸引力5倍アップを実現した。本体にはブレード形状のフィンにより、小型ながらも強い吸引気流が効率よくつくり出せる「ハイパワーモーターユニット」も搭載している。

 二つめの特徴は、ローラーの変更とも密接に関わっている。ブラシ状のローラーでは、床に散らばる綿ゴミや髪の毛が絡んでしまうことで吸引力が低下し、ひいては使用時の消費電力アップを招いていた。「AeroForceエクストラクター」が採用されたことで、ロングバッテリー性能が向上。3時間の充電で最大60分の連続使用が可能になった。バッテリー寿命約3年の「XLifeバッテリー」を採用する。

 最後に三つめの特徴として、アングル氏はメンテナンス性の高さを紹介。「AeroForceエクストラクター」自体にゴミが絡みつかないことからクリーニング性能が高まるほか、壁際や部屋の隅のゴミを回転してかきだす「エッジクリーニングブラシ」もネジ部分に改良を加えて、コインを使って簡単に取り外し交換ができるようになった。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《山本 敦》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース