指原莉乃主演映画『薔薇色のブー子』、興行成績で苦戦 | RBB TODAY

指原莉乃主演映画『薔薇色のブー子』、興行成績で苦戦

エンタメ 映画・ドラマ
映画『薔薇色のブー子』に主演する指原莉乃 (c)2014「薔薇色のブー子」製作委員会
映画『薔薇色のブー子』に主演する指原莉乃 (c)2014「薔薇色のブー子」製作委員会 全 2 枚
拡大写真
 HKT48指原莉乃の主演映画『薔薇色のブー子』(5月30日公開)が興行成績で苦戦しているようだ。公開初週の週末2日間の興行収入は700万円に満たなかったことがBox Office Mojoの調べでわかった。

 Box Office Mojoは映画の興行成績を集積・分析するウェブサイト。日本で公開されている映画の週末興行を掲載した「Japan Box Office」ページでは、5月31~6月1日の興行収入第1位は『アナと雪の女王』で約7億6000万円。このランキングでは18位までしか掲載されておらず、そこに『薔薇色のブー子』は入っていない。18位の『ラストベガス』の興収が約690万円となっており、ランク外の『薔薇色のブー子』はそれ以下と思われる。

 なお、2週目の週末(6月7日~8日)のランキングは13位までしか掲載されていないが、やはりそこにも『薔薇色のブー子』のタイトル名はない。ただ、13位『機動戦士ガンダムUC episode7』の興収が約2900万円であることから、『薔薇色のブー子』の順位によっては前週より興収がアップしている可能性もある。

 しかし、同映画を現在上映中の映画館の多くは6月19日で公開終了。中には公開から2週間足らずの13日で終了するところもあり、いずれにせよ苦しい状況にあるようだ。

《花》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース