小林麻耶、再ブレイクの兆し見えた2014年上半期に 「自分に初めて興味を持ち始めた」 | RBB TODAY

小林麻耶、再ブレイクの兆し見えた2014年上半期に 「自分に初めて興味を持ち始めた」

エンタメ ブログ
拡大写真
 フリーアナウンサーの小林麻耶が30日、自身のブログで2014年上半期を振り返り、「自分に初めて興味を持ち始めた」などと心境の変化を明かした。

 フジテレビ系「バイキング」での“号泣”騒動などで話題となり、低迷していたフリー転身後の一時期にくらべ、再びテレビ露出が増えている小林。そんな小林にとって2014年上半期は、読書や知人からのアドバイスなどを通じて「自分と向き合う時間がとても多かった気がします」という。さらに「自分に初めて興味を持ち始めた、そして、自分を好きって言えるようになりたいなって思えた大切な時期になりました」と振り返った。

 かつては“ぶりっ子”と見られがちなキャラで批判を受けることも少なからずあった小林だが、最近ではそのぶりっ子を逆手に取るかのような言動で、すっかり開き直った様子。ブログでも現在の課題として「人にではなく、自分に合わせる」「自分の空気を読む」ことを挙げており、局アナ時代とは異なる自身の新たな魅力を開花させようとしている。

 “自己受容”までにはまだ時間がかかりそうだとしながらも、「自分が変わるとまわりの景色も変わってきます。はっぴ~スパイラルについに突入した感じです」と、心境の変化とともに自身を取り巻く環境が変わってきたことを明かし、「下半期はさらに『直感』で!自分の人生は自分で創る!」と意気込みをつづっている。

《花》

【注目記事】

関連ニュース