岐阜県、行政ネットワーク構築にワイヤレスLANソリューション | RBB TODAY

岐阜県、行政ネットワーク構築にワイヤレスLANソリューション

ブロードバンド テクノロジー
AirWaveによる庁舎内フロア電波状況管理画面
AirWaveによる庁舎内フロア電波状況管理画面 全 2 枚
拡大写真
 アルバネットワークス(Aruba)は4日、岐阜県が新たな自治体行政ネットワーク構築にあたり、同社のワイヤレスLANソリューションを導入したことを発表した。

 ネットワンシステムズが新通信インフラ計画の設計・構築・運用管理を請け負い、6月よりアルバのワイヤレスLANソリューションを本格稼働させた。冗長化された400台規模のアクセスポイント(AP)と管理・可視化ツールを、県庁および総合庁舎を含む県関連施設およそ50拠点に展開している。

 現在、約150台のアルバ製AP「IAP-105」が県庁に、240台の仮想コントローラ内蔵の「Aruba1AP105」が総合庁舎を含む約50か所の県関連施設に配備され、冗長化されている。無線状況やデバイス・アプリケーションのパフォーマンス等のデータは、Aruba AirWaveにより可視化され、電波強度の遠隔調整などを含め、一元的に運用管理可能となっている。

 またセキュリティ面では、従来の端末認証を継続しつつ、認証先の制御も含めて1つのAPで複数のSSIDをもたせたり、新たに暗号化やステルス機能が追加されたという。

《冨岡晶》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース