ライダーはサンタクロース、江崎グリコがサンタエクスプレスとコラボ | RBB TODAY

ライダーはサンタクロース、江崎グリコがサンタエクスプレスとコラボ

エンタメ その他
ライダーはサンタクロース、江崎グリコがサンタエクスプレスとコラボ
ライダーはサンタクロース、江崎グリコがサンタエクスプレスとコラボ 全 4 枚
拡大写真
 編集部にサンタクロースが来た! 赤い衣装、白い髭、そして大きなお菓子の箱を持って。夜中に一軒一軒を訪問してプレゼントを届けるのがサンタだとしたら、サンタはいない。現代のサンタはバイクを飛ばしてやって来てインターホンを鳴らすのだ。

 江崎グリコは13日、「サンタ●ビスコ」(●はハートマーク)の発売を記念して、デリバリーイベントを開催した。クリスマスプレゼント専門の宅配サービス「サンタエクスプレス」と江崎グリコとのコラボで、「サンタ●ビスコ」を無料でデリバリーした。

 江崎グリコのロングセラー商品「ビスコ」は、2013年に日本の菓子として初めて、グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロース日本代表公認の菓子に選ばれ、2014年にも2年連続で公認された。11日に発売された「サンタ●ビスコ」は、メッセージを書くスペースがパッケージに用意されたり、パッケージにメッセージが予め用意された季節限定商品だ。「クリスマスは、お世話になったあの人にありがとうを贈ろう」と江崎グリコ関係者は「サンタ●ビスコ」をすすめる。

 13日には東京千代田区の東京サンケイビルで、「サンタ認定記念 ビスコ×サンタエクスプレス出初式」が開催された。出発式にはサンタエクスプレスの10人のライダー、ゲストとしてグリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロースのパラダイス山元と、くまモンが登場した。なお「サンタエクスプレス」はこのイベントのために考案された架空の運送会社だ。そして出発式会場で受け付けた100名の依頼先に「サンタ●ビスコ」の無料デリバリーサービスを行なった。

 そのサンタライダーの1人が編集部に来たというわけだ。まだ11月なのでサンタの衣装は暑いのか汗をかいている。バイクの運転中はもちろんヘルメットを着用、サンタ帽は直前にかぶったという。着くと「ホウ、ホウ、ホウ!」と肉声でご挨拶。プレゼントは置きっぱなしではなく手渡しだ。ずしっと重い。ビスコってこんなに重たかったか? 「サンタ●ビスコ」3種8箱入のパッケージだ。パラダイス山元直筆のメッセージカードも付いていた。サンタさんは「次のデリバリーがありますので」と告げると、クールに去っていった。お菓子を作る人、配達する人、人を喜ばせたいと思う心を持つみんながサンタさんなのだ。

《高木啓》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース