佐川急便・東京駅サービスセンターで、ロボット「Pepper」が接客 | RBB TODAY

佐川急便・東京駅サービスセンターで、ロボット「Pepper」が接客

エンタープライズ ハードウェア
「HAPPY」の外観
「HAPPY」の外観 全 2 枚
拡大写真
 佐川急便は19日より、ソフトバンクロボティクスのヒト型ロボット「Pepper」に独自開発のアプリを搭載し、東京駅構内のサービスセンター「TOKYO SERVICE CENTER」に配置する。

 通称「HAPPY」という名前をつけ、佐川急便オリジナルユニフォームを着用。サービス内容について案内する他、東京駅構内の店舗や道案内も行うなど、接客に活用するという。記念撮影を行うことも可能。また「HAPPY」が撮影した写真をスマートフォンで閲覧出来るサービスも提供する。

 政府の促進している訪日外国人旅行者の満足度向上に向けた“手ぶら観光”を想定し、日本語と英語に対応する。稼働は10時から15時まで。佐川急便は今後、手ぶら観光を行っている拠点を中心に「Pepper」を導入する方針だ。

《冨岡晶》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース