近場の公共Wi-Fiを簡単発見、海外にも対応の「Avast Wi-Fi Finder」 | RBB TODAY

近場の公共Wi-Fiを簡単発見、海外にも対応の「Avast Wi-Fi Finder」

IT・デジタル スマートフォン
Google マップ上で周辺の公共 Wi-Fi を表示
Google マップ上で周辺の公共 Wi-Fi を表示 全 6 枚
拡大写真
 外出時に便利な公共Wi-Fi。最近ではアクセスポイントも増えてきたし、接続用アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」も提供されるなど、主要都市や駅周辺、コンビニ等での接続がスムーズに活用可能となっている。

 「Japan Connected-free Wi-Fi」は便利なアプリだが、アカウント登録が必要だったり、オフラインマップが細分化されているなど、便利な反面、機能が多すぎて煩雑な部分も多い。また当然ながら、海外での利用は想定されていない。海外旅行先の国に合わせて、アプリを用意するのは大変だ。

 無料ウイルス対策ソフトで著名なAvastソフトウェアは25日、公共Wi-Fiを簡単に発見できる無料アプリ「Avast Wi-Fi Finder」日本語版を公開した。

 「Avast Wi-Fi Finder」は、手軽なWi-Fi検索アプリだ。普段使っているWi-Fiに加え、近場の無料公共Wi-Fiを検索できる。また接続用のリスト表示では、Wi-Fiスポットまでの距離も表示され、「もっとも近いWi-Fiスポット」を確実に発見出来る。地図モードも用意されており、通信が利用可能であれば、Wi-Fiの位置は地図上で確認可能。

 Wi-Fiスポット情報は国ごとに用意されており、オフラインモードでダウンロードしておけば、位置情報をもとに、現在地周辺のスポットを検索できる。Wi-Fiスポットは、ユーザによって推奨・情報提供されたものが登録されている。日本も用意されており、現在2万件以上が登録されている。

 「Avast Wi-Fi Finder」は“公共Wi-Fi”をベースにしているため、国内の登録件数はそれほど多くない。ちなみに「Japan Connected-free Wi-Fi」は、14万件以上が登録されている。国内の件数では「Japan Connected-free Wi-Fi」には及ばないが、グローバル・データベースには、100万件以上のWi-Fiスポット情報が収録されている(アメリカ:約19万箇所、イギリス:約7万箇所、韓国:約2.5万箇所など)。また、アカウント登録が不要な点、海外渡航先でも利用可能な点がメリットだ。通信がまったくつながっていない場合、地図は表示されないが、データ通信で地図を取得し、Wi-Fiスポットに移動し接続するという使い方をすれば、通信料が節約できるだろう。

 アプリはAndroid版が公開されており、Google Playからダウンロード可能。

《赤坂薫》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース