「iPhone 5s 32GB」はいくらで買い取ってもらえるか?【連載・今週の中古スマホ】 2ページ目 | RBB TODAY

「iPhone 5s 32GB」はいくらで買い取ってもらえるか?【連載・今週の中古スマホ】

IT・デジタル スマートフォン
iPhone 5s(写真左)、iPhone 6(右)(C)Getty Images
iPhone 5s(写真左)、iPhone 6(右)(C)Getty Images 全 4 枚
拡大写真
■【買取ランキング】秋に発表予定の新型iPhoneの影響も出ている?

 続いて、中古スマホの買取数量ランキングを紹介する。NTTドコモでは第1位が「iPhone 5s 32GB」、第2位が「iPhone 5s 16GB」、第3位が「GALAXY S4 SC-04E」、第4位が「Xperia A SO-04E」、第5位が「iPhone 6s 64GB」という順位になった。10位までのうち7機種は2012年~2013年に発売されたiPhone/ Androidスマートフォンで、その買取価格の相場は4,000円~10,000円に収まる。

 注目したいのは、5位にiPhone 6s 64GB(2015年秋 発売)が、6位にiPhone 6 64GB(2014年秋 発売)がランクインした点。中古Aの買取価格は前者が46,000円、後者が27,000円と、どちらも高額になっている。今秋の発売が噂されている”iPhoneの後継機”が出た後では、現行モデルの買取価格が下がるかもしれない。もしそうなら、買取価格が高いこの時期に手放しておきたい……。iPhone 6/6sユーザーの間に、そんな心境が作用しているのではないだろうか。

 auでは第1位が「iPhone 5s 16GB」、第2位が「iPhone 6s 64GB」、第3位が「iPhone 5s 32GB」、第4位が「Xperia Z1 SOL23」、第5位が「Xperia Z3 SOL26」。ちなみに第8位に「Xperia ZL2 SOL25」、第9位に「Xperia Z5 SOV32」、第10位に「Xperia UL SOL22」がランクインしており、1位から10位までにiPhoneが5機種、Xperiaが5機種という結果になった。

 Xperiaシリーズで買取最高値はXperia Z5(2016年1月発売)で23,000円。例え人気のあるXperiaであっても、値崩れするスピードは速い。一方で同価格のiPhoneとなると、iPhone 6 64GB(2014年9月発売)で22,000円。iPhoneは値崩れのスピードが遅い、というのが業界の常識になっている。10位以内での買取最高値は、iPhone 6s 64GB(2014年9月発売)の39,000円だった。

 ソフトバンクでは第1位が「iPhone 5s 16GB」、第2位が「iPhone 5s 32GB」、第3位が「iPhone 5 16GB」、第4位が「iPhone 5 32GB」、第5位が「iPhone 6 16GB」。買取価格については、au版と大きな差はない。ちなみに第9位にランクインした「iPhone 5c 16GB」は、色鮮やかなカラバリが話題となったモデル。同日発売された高価格帯のiPhone 5sと比較して、購入しやすい値段も特徴のひとつだった。3年弱が経った現在でも買取価格は5,000円と高水準を維持しており、魅力は色褪せていないようだ。参考までにiPhone 5s 16GBの買取価格は5,500円。両モデルの価格差は500円まで縮まっている。




>>ランキングを詳しく見る<<

  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 続きを読む

《近藤謙太郎》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース