柏木由紀、ファンレターにまつわる思い出語る | RBB TODAY

柏木由紀、ファンレターにまつわる思い出語る

エンタメ その他
柏木由紀【写真:田中】
柏木由紀【写真:田中】 全 2 枚
拡大写真
 15日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)でAKB48の柏木由紀がファンレターについてのほっこりエピソードを話した。

 リスナーからのお便りをもとにトークを展開する「お便りやってまーす!」のコーナーで、ファンレターを送った経験について語った出演者たち。元々AKB48が好きだったという柏木は、デビュー前にAKB48のとある先輩メンバーにファンレターを送ったそうで、その際にプレゼントとしてキーホルダーを添えたという。

 その後、AKB48にメンバー入りを果たした柏木は、先輩から「これ送ってくれた鹿児島の由紀ちゃんだよね?」と携帯電話に付けたそのキーホルダーを見せてもらい、ファン冥利に尽きる喜びを感じたようだ。「だから頂いた手紙はちゃんと読もうと思った」と続けファンレターへの向き合い方を語った。

 そのほかにも柏木といえば、ファンとの交流の場である握手会での神対応ぶりなどで知られるが、それら全てファン時代に築き上げてきた“アイドルの理想像”によるものなのかもしれない。

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース