布袋寅泰、3年ぶりとなるニュー・アルバム『Paradox』の収録曲を発表 | RBB TODAY

布袋寅泰、3年ぶりとなるニュー・アルバム『Paradox』の収録曲を発表

エンタメ 音楽
布袋寅泰、3年ぶりとなるニュー・アルバム『Paradox』の収録曲を発表
布袋寅泰、3年ぶりとなるニュー・アルバム『Paradox』の収録曲を発表 全 1 枚
/
拡大写真
 布袋寅泰の3年ぶりとなるオリジナル・ニュー・アルバム『Paradox』(10月25日発売)の収録曲が発表された。

 同作は、布袋が現在活動の拠点とするロンドンで感じた、ブレグジット、難民問題、頻発するテロなど激動の渦中にある現代、それでも繰り返される人間の日々の営みや団結を目の当たりにするなかで、作りたい音楽と伝えたいメッセージが存分に込められたメッセージ性の高いアルバム。アルバム全体のプロデュースを布袋自身担当しており、全12曲のタイトルは「Amplifire」「Pandemoniac Frustration」「Dreamers Are Lonely」「ヒトコト」「Paradox」「Blue Sky」「Maze」「Parade」「London Bridge」「Strawberry Fieldsの太陽」「Aquarium」「Amplifire (Reprise)」という構成。

 また、すでにザッカリー・アルフォード(ドラム/David Bowie / Bruce Springsteen)、マーク・ニアリー(ベース/Noel Gallagher, Adele)、ダレン・プライス(プログラミング/Underworld)、エイドリアン・ブッシュビー(エンジニア/Muse, Foo Fighters)らが参加することが明かされていたが、今回これに加えて、ドラムにスティーヴ・バーニー(ドラム/Anastacia、Jeff Beck 、Eurythmics)、エンジニアにグラミーを受賞しているサイモン・ゴガリー(エンジニア/U2、Underworld)、マスタリングエンジニアに同じくグラミー・ウィナーのティム・ヤング(エンジニア/Jamiroquai, Manic Street Preachers, Massive Attack, The Rolling Stonesなど)などのミュージシャンやエンジニアを迎ることも明らかに。さらに、日本からはキーボーディスト奥野真哉(Soul Flower Union)、盟友とも言える岸利至(プログラミング)、福富幸宏(プログラミング)などの参加も発表されている。

 収録楽曲は、布袋自身が3曲の作詞を担当しているほか、森雪之丞、小渕健太郎(コブクロ)、いしわたり淳治、高橋久美子といったアーティストたちが作詞を担当。今後発表されるサウンド、映像などにも注目が集まる。

 同アルバムを引っ提げた全国ツアー『HOTEI Live In Japan 2017 ~Paradox Tour~』がリリースの翌日10月26日よりベイシア文化ホール(群馬県民会館)からスタート。さらに、最終公演にあたる12月25日の横浜アリーナ公演は、最終公演ならではのベスト選曲が予定されており「~Rock’n Roll Circus~」のタイトルにふさわしい内容になっているという。

◆NEW ALBUM『Paradox』収録曲
1. Amplifire
2. Pandemoniac Frustration
3. Dreamers Are lonely
4. ヒトコト
5. Paradox
6. Blue Sky
7. Maze
8. Parade
9. London Bridge
10. Strawberry Fieldsの太陽
11. Aquarium
12. Amplifire (Reprise)

Bonus Disc(完全数量限定盤のみ入ります)
1. Music Day
2. Treasure Hunt
3. Music Day (Guitar Karaoke)

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース