クズで汚いエピソードが続々!映画『彼女がその名を知らない鳥たち』ジャパンプレミアが開催 | RBB TODAY

クズで汚いエピソードが続々!映画『彼女がその名を知らない鳥たち』ジャパンプレミアが開催

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会 全 2 枚
拡大写真
 蒼井優、阿部サダヲがW主演する映画『彼女がその名を知らない鳥たち』は10月28日より全国ロードショー。公開を直前に控えた28日、新宿バルト9 シアター9にてジャパンプレミアが開催された。

 イベントには主演の2人に加えて、松坂桃李、竹野内豊ら出演陣と白石和彌監督が登壇。蒼井が、「雨の中ありがとうございます。観終わった後ここにいらっしゃる全員に嫌われると思うとワナワナしますが(笑)、本当にいい映画ですので楽しんでください」とコメントするなど、全員がクズ役である同映画らしい挨拶でイベントはスタートした。

 まぎれもない愛の物語が描かれている作品ながら、登壇したキャスト陣がそれぞれ嫌な女、下劣な男、ゲスな男、クズな男と最低な人物ばかりを演じていることについて、蒼井が「白石監督と阿部さんだけが決まっているときにお話を頂いたので、お二方とお仕事が嬉しく引き受けさせて頂いたのですが、読めば読むほど最低な役で、後から松坂さんと竹野内さんの出演が決まって、私より最低な役も出てくるから救われてます(笑)」と笑えば、阿部は「現場に行ったらすぐ汚されて、落ちた食べ物も平気で拾って食べてました。見えないのに毎朝足の指にごみをはさんだり、はじめてネイルの機械を使ったんですが水虫設定のために汚くしたりして。現場近くで買い物したときすごく気になりました(笑)」と撮影時のエピソードを告白。

 さらに、松坂が「自分の役は、ゲスだ、の一言。女性の敵、ペラペラぺラ男です。共感出来たら終わりだなと思ってました」と話すと、白石監督からは「でも、何も説明しなくてもあんな人になってたよね」とすかさずツッコミ。阿部からも「監督は『なんでこの役受けたの?』って聞いてました」と明かされ、松坂は「なかなかできないこんな役に監督が話をくださって嬉しかったんですぐにやりたいと言ったんです。いやー、いろいろ演出つけてもらってたと思うんだけどな、おかしいおかしい」とタジタジに。竹野内は「監督の素晴らしい作品に、これだけの豪華なキャストと一緒で『俺はちゃんとやれるか』と思うこともありましたが、監督がすごく的確なヒントを投げてくださった。色々助けていただいて幸せな現場でした」と振り返った。

 そんな演出をした立場の白石監督は「竹野内さん演じた黒崎は、クズが出てくる映画をよく撮っている僕の中でも歴代No.1のクズだったので、竹野内さんにやっていただけるのが嬉しくて、たくさんディスカッションしました」と思い返しながら、「僕はそこまでクズばかりだと思っていなくて、蒼井さんと話しましたがどのくらい嫌われるべきなのか考えながらやりました。観終わったあと美しい映画にする自信があったので、みなさんにはキャラクターに少し色を付けてもらえればと思っていました」と互いの信頼を明かしつつ、「でもやっぱり(松坂)桃李くんには何も言わなかったです」と付け加える徹底ぶりを見せていた。

 最後には、本作がトロント国際映画祭、釜山国際映画祭に続き、ローマ国際映画祭に正式出品されることも発表されてイベントは幕を閉じた。映画『彼女がその名を知らない鳥たち』は10月28日より全国ロードショー。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース