ファーウェイ、AI内蔵のSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」など3モデルを発表 2ページ目 | RBB TODAY

ファーウェイ、AI内蔵のSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」など3モデルを発表

IT・デジタル スマートフォン
ファーウェイ・ジャパンは「HUAWEI Mate 10 Pro」「HUAWEI Mate 10 lite」「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp」を発表。12月1日より順次発売する
ファーウェイ・ジャパンは「HUAWEI Mate 10 Pro」「HUAWEI Mate 10 lite」「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp」を発表。12月1日より順次発売する 全 8 枚
拡大写真

■日本の消費者のニーズに応えていく

 発表会に登壇した、ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波氏はプレゼンの終了後、囲み取材に応じた。

ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波氏
ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波氏


――ミドルレンジのHUAWEI Mate 10ではなく、最上位のHUAWEI Mate 10 Proを投入した理由は?

呉氏「日本の消費者のニーズに応えるため。耐水防塵の要望をいただいていた。今後も日本市場には、耐水防塵のモデルを優先的に投入していく」。

――HUAWEI Mate 10 liteについて、どう捉えているか。

呉氏「個人的に好きな端末。ファッション性に優れている。高級感はあるけれど、それほど高くはない。若者にも受け入れられるのではないか。家電量販店の店員の立場から言うと、売りやすい端末になったのでは。

――MVNOの失速が端末販売に影響を与える可能性は?

呉氏「第3四半期を見てみると、弊社の端末の販売台数は増えている。昔ほどの勢いではないが、緩やかな増加傾向が続いている。2018年のSIMフリー市場は350万台を超えると見ている。さらに大きな成長を予測している」。

――前機種、HUAWEI Mate 9はどのくらい売れたのか。

呉氏「HUAWEI Mate 9はグローバルで累計1000万台を出荷した。日本でも一時品薄状態になるなど人気が出た」。

――今後の目標は?

呉氏「2017年の年初に、今年は日本のSIMフリー市場が発展する元年となると話した。(調査会社の報告によれば、2017年における日本国内のSIMフリースマートフォン市場において、Huaweiの製品がNo.1のシェアを獲得したとのこと)Huaweiとしては、この好調な現状をキープしていきたい。これは2018年の目標でもあるが、今後はSIMフリー市場に限らず、あらゆる販路で数を増やしていければと思っている」。
  1. «
  2. 1
  3. 2

《近藤謙太郎》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース