発汗量で熱中症を予測するスマートウォッチ!? アナログなパッチをデジタル化【ウェアラブルEXPO 動画レポ】 | RBB TODAY

発汗量で熱中症を予測するスマートウォッチ!? アナログなパッチをデジタル化【ウェアラブルEXPO 動画レポ】

IT・デジタル スマートフォン
発汗量で熱中症を予測するスマートウォッチ!? アナログなパッチをデジタル化【ウェアラブルEXPO 動画レポ】
発汗量で熱中症を予測するスマートウォッチ!? アナログなパッチをデジタル化【ウェアラブルEXPO 動画レポ】 全 4 枚
拡大写真
 第4回ウェアラブルEXPOに出展しているライフケア技研は、アルコール体質試験パッチや発汗チェッカーなどを開発・販売している企業。

 パッチ自体はアナログなものだが、発汗量などの精度の高いデータが取得できることから、そのデータのデジタル化にも取り組んでいる。今回出展していた「ウェアラブル熱中症予防チェッカー」(開発中)では、発汗センサと脈拍センサを用いて身体の状態を連続的に測定し、熱中症の予兆を調べることを目的としている。

《RBB TODAY》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース