お笑いコンビ・カラテカが約20年ぶりにネタを披露 | RBB TODAY

お笑いコンビ・カラテカが約20年ぶりにネタを披露

エンタメ その他
お笑いコンビ・カラテカが約20年ぶりにネタを披露
お笑いコンビ・カラテカが約20年ぶりにネタを披露 全 5 枚
拡大写真
 26日放送の『エゴサーチTV』(AbemaTV)の中で、カラテカの2人が約20年ぶりにネタを披露する一幕があった。

 同番組は、“エゴサーチ”が得意なお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がMCを務め、毎週迎えるゲストと一緒に、ゲストに関する“エゴサーチ”をしながらインターネットで出てきた情報や噂などについて、嘘か本当かジャッジし、訂正していく1時間のトークバラエティ。

 同日放送では、お笑いコンビ・カラテカの入江慎也、矢部太郎がゲストに登場。早速、西野がカラテカの2人をエゴサーチしていくと、2017年10月に発行され、20万部を突破した大ヒット漫画『大家さんと僕』についての様々な評判がヒットし、西野がamazonのレビューを調べると星5つが94%という高評価だった。「本を出してみて何か変わりましたか?」という西野の質問に対し、矢部は「変わりましたね、それまではエゴサーチしてもネットの中に僕の情報は全然なかった。初めてネットの世界に僕がいるって感じがします」と、反響の大きさを告白。

 番組の最後に、西野がカラテカの今後の活動について聞くと、「今年は2人でなにかできたらいいねとは話している」と入江が語り、ネタについても質問すると、2ヶ月に1回行っている『カラテカライブ』で新ネタを披露していることを明かした。「22年芸歴あって、もう20年位テレビでネタやってないからね」と聞いた西野は、「ネタ見たい!」と2人にお願いすると、カラテカの2人はなんと約20年ぶりにテレビでネタを披露。スタジオから笑いが起きた。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース