若槻千夏、ABCの歌「Iあたりからごまかして生きてきた」 | RBB TODAY

若槻千夏、ABCの歌「Iあたりからごまかして生きてきた」

エンタメ その他
拡大写真
 28日に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、若槻千夏が、これまで秘密にしてきた自身の弱点を告白した。

 2012年、一般男性と結婚した若槻。現在は2児の母親だが、世間からはなぜかシングルマザーに間違われると言う。「これから家族の話をしていこうと思います」と宣言した彼女がこの日話したのが、6歳の長女とのエピソード。娘は若槻の反面教師で勉強好きになり、毎回「ABCの歌」を歌ってとせがまれるという。

 だが若槻は「A、B、C、D、E、Fときて、Iあたりからごまかして生きてきた」と明かし、「ママ一緒に歌ってと言われて気苦労がすごい。どう乗り切ろうかとドキドキする」と告白。今のところごまかせているという。

 また自身の得意料理はずっと「おにぎり」だと思ってきたが、家族で食べに行ったステーキ店で肉がギュッとしていることに夫が「ママが作ったおにぎりみたい」と言われ、「だったらもっと早く教えてよ」と怒ったという。というのも以前から「娘がやたら弁当を残してくるな」と思っていたからだそう。それに対し女医の西川史子は「どうでもいい」と一蹴していた。

■注目記事
・最新グルメ記事
・久々に行った「くら寿司」が楽しくなっていた!
・シャトレーゼのいちごフェアに目も心も一瞬で奪われた!
・「なんじゃこりゃー!?」サントリー×日清のヤバすぎるコラボに興奮!
・星乃珈琲店『栗のスフレパンケーキ』を食ベた!でも、私を罵倒する声が……
・どんどんイケる!すた丼から広島風のお好み焼き丼が登場!!

《杉山実》

【注目記事】

関連ニュース