和牛「夢が叶いました」、“和牛関連”初仕事に歓喜 | RBB TODAY

和牛「夢が叶いました」、“和牛関連”初仕事に歓喜

エンタメ その他
和牛:水田信二、川西賢志郎【写真:竹内みちまろ】
和牛:水田信二、川西賢志郎【写真:竹内みちまろ】 全 4 枚
拡大写真
 お笑いコンビ・和牛の水田信二と川西賢志郎が29日、都内にて開催された「年に1度の肉の日キャンペーン」実施記念イベントに出演。悲願のM-1グランプリ優勝への意気込みを言葉にした。

 2人は、和牛に関するイベントに出演するのは今回が初だそう。水田は「やっと来たな」と感慨深げ。さらに、牛角の店舗が自宅への帰り道の途中であるそうで、「この名前だからいつかCMないかなと本当に思っていました」と明かし、「夢が叶いました」と歓喜した。

 イベントでは、この日が川西の34歳の誕生日ということで、サプライズで特製の肉のケーキと黒毛和牛カルビ1年分がプレゼントされた。イベント会場となった牛角赤坂店でカルビが1年間無料になるという豪華プレゼントだが、水田は「水田は来なくていいということですか?」と不満げ。ただ、水田にも“カルビ1年間無料”が贈られると、水田は「永久CM契約をさせてください!そうしたら永久に、焼肉屋さんは牛角さん以外に行かない!」とノリノリの様子だった。

 和牛は、2年連続でM-1グランプリ準優勝。水田は「僕らはあと4回、出れますので、目指すは4連覇」とキッパリ。川西は「まだ1回も取れていないやつが4連覇? 俺がM-1を代表して代わりに言うけど、なめるな、M-1を!」と突っ込んでいたが、水田は「4連覇を目指すくらいじゃないと、1連覇も無理だと思うのですよね」といい、「4連覇を目指したら優勝できるのではないかなと」と本気の様子。

 さらに水田は、2016年、2017年と銀シャリ、とろサーモンがチャンピオンに輝いていることから、「M-1サイドからは『ここ3年は絶対に食べ物のコンビが優勝で行く』と言われているので、次は、和牛かな」と笑いを誘った。

 2017年のM-1グランプリで優勝したとろサーモンについては、水田は「向こうがお忙しいので、ご飯を食べに行くタイミングが合わないのですけど、昔から大好きな先輩」と告げた。川西は、仕事あがりにとろサーモンの久保田かずのぶに飲みに連れて行ってもらったエピソードを紹介し、「チャンピオンになったからといって変わるような方ではなくて」などと語っていた。

《竹内みちまろ》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース