【機内Wi-Fiを試す!】米国便フルフライトで100MBはちょっと少ない……空き時間でメール返信ができるのは便利 | RBB TODAY

【機内Wi-Fiを試す!】米国便フルフライトで100MBはちょっと少ない……空き時間でメール返信ができるのは便利

IT・デジタル モバイル

【機内Wi-Fiを試す!】米国便フルフライトで100MBはちょっと少ない……空き時間でメール返信ができるのは便利
【機内Wi-Fiを試す!】米国便フルフライトで100MBはちょっと少ない……空き時間でメール返信ができるのは便利 全 9 枚 拡大写真
 前回、関西在住の筆者が、成田空港までの乗継便を使用する際の機内Wi-Fiの速度についてお伝えした。今回はその後、つまり成田空港からニューヨークまでの国際線での体験を書いていく。



 搭乗した機材は、ボーイング777-300ER。最新の機材ではないのでモニター精度が少し荒いが、USBが付いているのでスマートフォン等の充電は可能だ。現地に到着してから充電がないというのは避けたいので、ここでしっかり準備はしておきたい。



 さて、先と同じANAではあるが、提供している機内Wi-Fiサービスは国内線のそれとは少し異なる。どちらかと言えば、国内線よりもシンプルな構成で、アプリからではなくウェブ経由で申し込みをおこなう。料金はフルフライトで19.95ドル、1時間プランで8.95ドル、30分プランで4.95ドル。ちなみに、専用ウェブページでは、Wi-Fiの申し込み以外に到着までの目安時間やニュースの閲覧が無料で可能だ。



 機内Wi-Fiは、事前申し込み不要。申し込み方法は英語が分からなくても特段問題ないように思う。Wi-Fiをオンにすると、「OnAir」というWi-Fiを掴むので、そこから自動的に遷移する申込画面で、自身の希望するプランを「Purchase(購入)」する。その際に、自身のEメールアドレス、設定するパスワード、セキュリティに関する質問、クレジットカード番号等を入力する必要がある。申し込みが完了すれば、インターネットに接続可能となる。ちなみに、同時接続は一台までだが、ログインをし直すことで申し込みをした端末以外でも利用可能となる。



 筆者はこれまでも何度か国際線の機内Wi-Fiを試してきたが、今回についても回線速度はあまり出なかった。何度かタイムアウトになることもあったうえ、スピードテストによる実測でも0.2~0.3Mbpsといった速度がせいぜいだ。

 ウェブページを閲覧するのはストレスフルだが、LINEやTwitterなどを楽しむ分には問題ないといった程度。約12時間という長いフライトを我慢する上で、友人などとメッセージのやりとりができれば退屈しのぎになるし、ビジネスマンであればメールの返信ができるので、空いた時間の有効活用にはぴったりだ。

 注意したいのは、フルフライトプランをチョイスした場合でもデータ通信が無制限に使えるわけではないという点。100MBという制限付きなので、少し重いファイルを複数ダウンロードする、データ量の多いウェブページを閲覧するなどの使い方をしていると、すぐに上限に達してしまう。ANAのウェブページに100MBの目安が書かれていたので掲載しておく。

◆使用容量の目安
1MBあたり ANAウェブサイトトップページ約4ページ閲覧分
300文字程度のテキストメール約200通分

 分かってはいたものの、筆者も色々とネットサーフィンをしていたら、数時間で上限に達してしまった。成田空港からの米国便を使用する際には参考にしていただきたい。

《Tsujimura》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース

アクセスランキング

  1. “サンジャポ”メンバー、にこるんの恋のウワサがない理由に大クレーム「失礼だな!」

    “サンジャポ”メンバー、にこるんの恋のウワサがない理由に大クレーム「失礼だな!」

  2. 松本人志、日大タックル問題の教訓は「権力の上に“正座すること”」

    松本人志、日大タックル問題の教訓は「権力の上に“正座すること”」

  3. 中島史恵、50歳直前の写真集!グアムの浜辺で空中ヨガ

    中島史恵、50歳直前の写真集!グアムの浜辺で空中ヨガ

  4. 大沢あかね、田中みな実に「なんで別れちゃったの?」と直球質問!

    大沢あかね、田中みな実に「なんで別れちゃったの?」と直球質問!

  5. 濱口優の結婚に「めちゃイケ」メンバーから祝福の声多数

    濱口優の結婚に「めちゃイケ」メンバーから祝福の声多数

ランキングをもっと見る