MAYA SYSTEMがFREETELブランドを継承、カメラにこだわったデュアルレンズ新端末は3万円台 | RBB TODAY

MAYA SYSTEMがFREETELブランドを継承、カメラにこだわったデュアルレンズ新端末は3万円台

IT・デジタル モバイル

MAYA SYSTEMがFREETELブランドを継承、カメラにこだわったデュアルレンズ新端末は3万円台
MAYA SYSTEMがFREETELブランドを継承、カメラにこだわったデュアルレンズ新端末は3万円台 全 14 枚 拡大写真
 昨年に経営不振に陥り、民事再生手続きを開始していたブラスワン・マーケティングのスマホブランドFREETELだが、海外用のeSIM Wi-Fiルーターを企画販売しているMAYA SYSTEMが端末事業を継承することになり、このたびFREETELブランドとして2つの新しいスマートフォンが発表された。



 ひとつめは、ミドルレンジに位置付けられる『REI 2 Dual』。カメラ性能にフォーカスしたスマートフォンだ。その名の通りデュアルカメラを搭載し、背景をぼかして被写体を浮き立たせる効果が得られる。レンズの画角は「35mm換算で約27mm。解放F値は2.2」(担当者)とのこと。





 MAYA SYSTEMでFREETEL製品のマーケティングを担当するECマーケティング部の山崎正志氏は、発表会において、カメラの性能の高さをまずアピールした。「デュアルカメラはRGBセンサーとモノクロセンサーを組み合わせて1枚の画像を出力するもので、いずれも1300万画素のソニー「IMX258」センサーを採用した。カメラアプリも自社で設計開発した」。





 もちろんインカメラも抜かりはない。店頭価格3万6800円(税別)の価格帯では珍しい1600万画素のセンサーを搭載しているという。「インカメラのセルフィーでは、ナチュラル美顔モードが特徴だ。厚塗りメイクのような派手すぎる補正ではなく、日本人の感性にマッチしたナチュラルな演出を追求した」(山崎氏)。




 そのほか、動画は4Kでの撮影に対応し、フォーカススピードの向上、AF/AEロック機能、セルフィーを撮影しやすい指紋センサーでのシャッターにも対応した。

 もうひとつ、エントリーモデルの『Priori5』も新たに発表した。7色の外装カバーを同梱し、気分によって付け替えることができる。またバッテリー交換に対応している。135gと比較的軽量で、側面にアールが付いており手になじみやすい感触。価格は1万6800円(税別)。



《佐藤 耕一》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース

アクセスランキング

  1. 指原莉乃、毎日LINEをしていると明かす男性お笑い芸人とは?

    指原莉乃、毎日LINEをしていると明かす男性お笑い芸人とは?

  2. 朝ドラ女優・芳根京子、事務所の戦力外扱いにカッチーン!「辞めてやるー!!」

    朝ドラ女優・芳根京子、事務所の戦力外扱いにカッチーン!「辞めてやるー!!」

  3. みやぞん、『イッテQ!』での一番辛かった過酷ロケを回顧

    みやぞん、『イッテQ!』での一番辛かった過酷ロケを回顧

  4. こ、これはヤバい!! 思わず目がクギづけのアイドル・女子アナ グラビアショット

    こ、これはヤバい!! 思わず目がクギづけのアイドル・女子アナ グラビアショット

  5. オジ様の心をわし掴み!妖艶な大人の魅力あふれるグラビア一挙公開

    オジ様の心をわし掴み!妖艶な大人の魅力あふれるグラビア一挙公開

ランキングをもっと見る