加賀まりこ、「松本人志に電話番号を渡した」過去を激白! | RBB TODAY

加賀まりこ、「松本人志に電話番号を渡した」過去を激白!

エンタメ その他
ダウンタウン・松本人志【写真:鶴見菜美子】
ダウンタウン・松本人志【写真:鶴見菜美子】 全 1 枚
/
拡大写真
 元祖“小悪魔女優”の加賀まりこが、23日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演。かつて松本人志に電話番号を渡し、松本を口説こうとした過去を激白した。

 圧倒的な美貌と媚びない毒舌キャラで、“男を溺れさせるモテ女優”として名をはせてきた加賀まりこ。番組では、恋多き加賀の恋愛遍歴の話題に。数々のイケメンや大物男性からも口説かれてきたという加賀だが、恋愛においては「相手から言われるのは全然好きじゃない。自分から口説くんじゃないと興味がないの」と語り、松本人志に対し「アンタのときもアタシからいったでしょう」と突如、松本を口説こうとした過去を激白した。

 その当時は、加賀が44歳で松本が24歳のときだったのだという。「恋愛は20歳年下までアリ」という加賀が、自分の電話番号を松本に渡すようにと、プロデューサーに電話番号を渡したものの、結局松本から加賀に電話がかかってくることはなかったのだという。

 加賀が松本に、「あのときのアタシはまだいけたんじゃないの」「奥さんかどんな人が知らないけど、アタシが好みじゃなかったんでしょ」と詰め寄ると、松本は「怖え~」「僕も自分からいかないとダメなんです…」とタジタジに。

 しかしながら、気を取り直した松本が「逆に今はどうですか?」とモーションをかけると、加賀は「パス。今は浜ちゃん(浜田雅功)の方がよっぽどセクシー」と松本の誘いを一蹴。現在の松本の姿については、加賀は「いやよね、筋肉が気持ち悪い」「毛があったときはよかった」とボロクソな言いっぷりだった。

 芸能界の大先輩からの突然の暴露話に、浜田や坂本らも「問題発言や」と大喜びしていた。

《小宮山あきの》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース