12.9インチ大画面iPad Proの活用術!Macの代わりになり得るのか? | RBB TODAY

12.9インチ大画面iPad Proの活用術!Macの代わりになり得るのか?

IT・デジタル モバイル

iPad Pro 12.9インチをビジネスシーンで徹底的に活用するためのテクニックを検証してみた
iPad Pro 12.9インチをビジネスシーンで徹底的に活用するためのテクニックを検証してみた 全 25 枚 拡大写真
 筆者は長い間、11.6インチのMacBook Airをメインマシンとして仕事で使ってきた。コンパクトなのにパワフル。現状ではどこにも文句の付けようがないほど、自分のワークスタイルにフィットするマシンを選択できたことに満足している。

 しかし、残念なことに名機・MacBook Airはもう13インチしか現行ラインナップに残されていない。そろそろ“MacBook Air後”のメインマシンに何を選ぶべきか考える時が訪れていることに気がついた頃、iPad Pro 12.9インチを手もとでテストできる機会を得た。

iPad Pro 12.9インチをビジネスシーンで徹底的に活用するためのテクニックを検証してみた
iPad Pro 12.9インチをビジネスシーンで徹底的に活用するためのテクニックを検証してみた


 「iPadはMacの代わりにはなれない」という筆者の持論が正しいのか、あるいはただの思い込みだったのか?現行最大サイズのiPad Proを使い込んで、答えを導き出してみたい。

 今回筆者が試したのはiPad Pro 12.9インチ/512GB/Wi-Fi+セルラーモデル。12.9インチのiPad Proには現在シルバー/ゴールド/スペースグレイの3色が発売されている。今回はスペースグレイのモデルを選んだ。本機が搭載するSoCは64bitアーキテクチャを採用する「A10X Fusion」チップ。コプロセッサ「M10」と連携しながら複雑なマルチタスク処理も軽々とこなすiPad Proの最高峰モデルだ。

現行iPadの中で最大サイズ12.9インチのiPad Pro
現行iPadの中で最大サイズ12.9インチのiPad Pro


こちらは筆者が長年愛用している11.6インチのMacBook Air
こちらは筆者が長年愛用している11.6インチのMacBook Air


本体のサイズはiPad Pro 12.9インチの方がやや大きめ。MacBook Airはケースを付けている
本体のサイズはiPad Pro 12.9インチの方がやや大きめ。MacBook Airはケースを付けている


 iPadは単体でもソフトウェアキーボードを使ってWeb検索やメール、SNSの文字入力ができるけれど、筆者の場合は発表会のレポートや製品レビューなど長い文を書くことが多いのでSmart Keyboardが欠かせない。そして写真の編集作業や校正チェックに使うことも考えるとApple Pencilも必要だ。

iPadの2画面表示「Split View」でテキスト書きの効率がアップした


 まずはテキストのタイピングから。Smart KeyboardはiPad Pro 9.7インチでも使い慣れたアイテムなので、今さら細かな寸評を加えるつもりはなかったのだが、12.9インチのiPad Proに合わせたSmart Keyboardは鍵盤の大きさがちょうどMacBook Air 11.6インチのサイズ感に近いので、心地よくタイピングができる。

Smart Keyboardのサイズ感は11.6インチのMacBook Airと似ていたのでタイピングは快適だった
Smart Keyboardのサイズ感は11.6インチのMacBook Airと似ていたのでタイピングは快適だった


 そして9.7インチのiPad Proでは気がつかなかったことだが、マルチタスクの2画面分割表示、つまり「Split View」機能が12.9インチのiPad Proでは最高に使いやすいのだ。

 Macでも普段からデスクトップにWebブラウザとテキストエディタのマルチウィンドを並べて、例えば機器のスペックを確認しながら原稿を書くことも多くあるのだが、意外に2つの画面を隣どうしにバランス良く並べるのが手間だったりする。iPad ProではiOS10以降から2つのアプリを同時に立ち上げて、画面に並べて表示する「Split View」が使えるようになっている。その活用方法はとても簡単だ。

 例えばSafariを先に立ち上げてから、続いて画面の下からDockをポップアップさせて、同時に画面に表示したいメモやテキストエディタ系のアプリアイコンをSafariの画面上にドラッグ&ドロップする。

一つのアプリを立ち上げて、Dockからマルチタスクに使いたいアプリをドラッグ&ドロップする
一つのアプリを立ち上げて、Dockからマルチタスクに使いたいアプリをドラッグ&ドロップする


 すると最初に立ち上げていたアプリの画面の上に、2つめのアプリのウィンドを重ねて表示できる「Slide Over」機能になる。この状態でさらに、後から立ち上げたアプリのウィンドウ上端をホールドして下に向かってドラッグすると、1画面に2つのアプリを並べて表示するSplit Viewに切り替わる。

はじめに立ち上がっていたアプリの画面の上にもう一つのアプリが重ねて表示される「Slide Over」機能
はじめに立ち上がっていたアプリの画面の上にもう一つのアプリが重ねて表示される「Slide Over」機能


後から追加したアプリの画面のトップから下に向かってドラッグする
後から追加したアプリの画面のトップから下に向かってドラッグする


二つのアプリがiPadの画面上で左右に分かれて表示される「Split View」に切り替わった
二つのアプリがiPadの画面上で左右に分かれて表示される「Split View」に切り替わった


 左右のウィンドを隔てる分割線をドラッグすると、左右アプリ画面の大きさの比率が2等分から1対3、3対1にスイッチできる。Amazon Prime VideoのようにSplit Viewに対応していないアプリもあるが、多くはSlide Over機能が使える。例えば仕事の息抜きにアマゾンの動画を見ながら、Slide Overの画面でメールを見張ることもできる。ちなみにYouTubeはSplit Viewにも対応しているので、動画を片側にフルサイズで表示しながらメールやWebをチェックすることも可能だ。

Split Viewの比率は1対1、2対1、1対2で切り替えられる
Split Viewの比率は1対1、2対1、1対2で切り替えられる


 マルチタスク対応とはいえ、基本2つのアプリしか同時に表示できないと不便じゃないのかと思っていたが、実際には余裕のある12.9インチの画面に2つのアプリを伸び伸びと表示できるので、2つのタスクにきちんと意識を向けられる実感がある。だから作業がとてもはかどるのだ。片側を別のアプリに切り替えたいときは、再びDockを立ち上げてSplit Viewの片割れにアプリのアイコンをドラッグ&ドロップすればいい。まったく別のアプリに移りたい場合もDockから、またはコントロールセンターと統合されているアプリ切り替えの画面からスワイプとタップだけでシームレスに移行できるのがiPadならではの魅力だ。
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《山本 敦》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース

アクセスランキング

  1. 指原莉乃、毎日LINEをしていると明かす男性お笑い芸人とは?

    指原莉乃、毎日LINEをしていると明かす男性お笑い芸人とは?

  2. 朝ドラ女優・芳根京子、事務所の戦力外扱いにカッチーン!「辞めてやるー!!」

    朝ドラ女優・芳根京子、事務所の戦力外扱いにカッチーン!「辞めてやるー!!」

  3. みやぞん、『イッテQ!』での一番辛かった過酷ロケを回顧

    みやぞん、『イッテQ!』での一番辛かった過酷ロケを回顧

  4. こ、これはヤバい!! 思わず目がクギづけのアイドル・女子アナ グラビアショット

    こ、これはヤバい!! 思わず目がクギづけのアイドル・女子アナ グラビアショット

  5. オジ様の心をわし掴み!妖艶な大人の魅力あふれるグラビア一挙公開

    オジ様の心をわし掴み!妖艶な大人の魅力あふれるグラビア一挙公開

ランキングをもっと見る