aiko、3年ぶりとなるフリーライブ『Love Like Aloha vol.6』に3.7万人が集結 | RBB TODAY

aiko、3年ぶりとなるフリーライブ『Love Like Aloha vol.6』に3.7万人が集結

エンタメ 音楽
撮影:岡田貴之
撮影:岡田貴之 全 6 枚
拡大写真
 歌手のaikoが3年ぶりとなるフリーライブ『Love Like Aloha vol.6』を8月30日、神奈川・サザンビーチちがさきにて開催した。


 同ライブは、2003年より不定期で開催され、今回で6回目を迎えるが、平日にもかかわらず過去最大となる3万7千人ものファンが同会場に集結。ライブ開始時刻を迎えバンドメンバーが「夏が帰る」のイントロを演奏し始めるやいなや、ステージ下よりTシャツにデニムのショートパンツというカジュアルなスタイルのaikoが登場し、観衆からは拍手で迎えられた。

 aikoはMCで「またこの場所でライブをすることが出来ました。皆さん来てくれて本当にどうもありがとうございます!」と感謝の気持ちをコメント。さらに、「今日はボロボロになるつもりで、夏休みの最後に体中痛くなるようないい意味でも悪い意味でも”傷”をいっぱいつけて、最高の時間を過ごしたいと思います!みんなしんどいと思うけどふんばってな!最後まで宜しくお願いします!」と、一夜限りの特別なライブへの想いを込めて呼びかけた。

 「今日はいっぱい用意してるからね。ぜひとも後ろの皆さんまで届きますように!」と、陽が傾きかけた茅ヶ崎の海を彩るように「横顔」「アンドロメダ」「瞳」を歌唱。その後は、『Love Like Aloha』恒例のサザンオールスターズのカバーとして「MISS BRAND-NEW DAY」、さらにaikoの最新アルバム『湿った夏の始まり』から「ドライブモード」を軽快に歌い上げ、「エナジー」「二人」と、ライブ定番曲を次々と披露して会場を盛り上げた。

 全13曲を歌い終えてaikoがステージを後にすると、ステージ後方からはこの夏の最後を彩る1,700発もの花火が打ち上げられ、『Love Like Aloha vol.6』は閉幕した。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース