北海道電力、電力復旧には少なくとも1週間以上かかる見通し | RBB TODAY

北海道電力、電力復旧には少なくとも1週間以上かかる見通し

北海道電力(ほくでん)は6日、同日未明に胆振地方中部で発生した地震により、北海道全域で停電が継続中であると発表した(6日12時15分時点)。また、電力復旧には、少なくとも1週間以上かかる見通しを伝えている。

ライフ その他
 北海道電力(ほくでん)は6日、同日未明に胆振地方中部で発生した地震により、北海道全域で停電が継続中であると発表した(6日12時15分時点)。また、電力復旧には、少なくとも1週間以上かかる見通しを伝えている。


 ほくでんによれば、苫東厚真発電所は、1号機(35万kW)・2号機(60万kW)で蒸気漏れを確認。さらに、4号機(70万kW)は、タービン付近から出火を確認したことから、復旧に少なくとも1週間以上かかるとのこと。すでに、これら代替措置として道内の水力発電所約30万kWに加え、砂川発電所25万kWの再稼働を本日できるだけ早い時間に行うべく、作業を進めているそうだ。

 また、「奈井江発電所35万kW、伊達発電所70万kW、知内発電所70万kWなどの火力発電所を早急に、できれば明日にも再起動させ、あわせて北本連系設備60万kWを活用した本州側からの電力融通も行います」と伝えており、一連の対応から290万kWの供給量を確保できる見通しを述べている。

 しかし、一方で、北海道エリアにおける5日のピーク需要は380万kWだったことから、「こうした対応をとってもなお、火力発電所の復旧を待って、少なくとも1週間以上かかる見通し」とも。今後は、こうした復旧策に加え、電力各社からの電源車ほかの応援や、国からの支援も並行して待つことになりそうだ。

《KT》

【注目記事】

関連ニュース

アクセスランキング

  1. いとうあさこ、母からの愛に目を潤ませる「知らずに20年間過ごして……」

    いとうあさこ、母からの愛に目を潤ませる「知らずに20年間過ごして……」

  2. 岡村隆史、独身のまま死んだら「区民葬」と知りショック

    岡村隆史、独身のまま死んだら「区民葬」と知りショック

  3. 後藤真希、貴重な水着ショットを公開!

    後藤真希、貴重な水着ショットを公開!

  4. 筋肉キャラの武田真治、昔は“フェミ男”!岡村隆史が当時を回顧

    筋肉キャラの武田真治、昔は“フェミ男”!岡村隆史が当時を回顧

  5. 『めちゃイケ』22年間で打ち上げは一度もなし……岡村隆史明かす

    『めちゃイケ』22年間で打ち上げは一度もなし……岡村隆史明かす

ランキングをもっと見る