乃木坂46井上小百合、アンゴラ村長との意外な関係「同じ縄跳び教室に通っていた」 | RBB TODAY

乃木坂46井上小百合、アンゴラ村長との意外な関係「同じ縄跳び教室に通っていた」

エンタメ その他
井上小百合
井上小百合 全 1 枚
/
拡大写真
 乃木坂46井上小百合が、13日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に出演。にゃんこスター・アンゴラ村長との意外なつながりを明かした。


 この日は乃木坂メンバーとガヤ芸人との直接対決スペシャル。様々な種目で争われる中、井上が提案したのは「リズム縄跳び対決」。「アンゴラ村長さんと同じ縄跳び教室に通っていました」と明かすと、スタジオから驚きの声が。ちなみに一緒に通っていた時期は小学校4、5年の頃だったという。

 そこで「同門対決をしたい」と申し出ると、アンゴラ村長も快諾。早速バトルがスタートし、DA PUMPの「U.S.A.」のメロディに乗りながらそれぞれ互い違いにパフォーマンス。難度の高い大技を繰り出す2人にスタジオも熱狂した。

 戦いを終えた井上は、かつての教室仲間と一緒に縄跳びができたことに「すごく楽しかったです」と嬉しそう。勝敗のジャッジはヒロミにゆだねられ、結局井上が勝利。彼女は自分が勝ったことに意外そうだった。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース