相武紗季、ドラマ『グッドワイフ』でスキャンダルの原因となる女性記者役に | RBB TODAY

相武紗季、ドラマ『グッドワイフ』でスキャンダルの原因となる女性記者役に

エンタメ 映画・ドラマ
(c)TBS
(c)TBS 全 1 枚
/
拡大写真
 1月13日よる9時からドラマ『グッドワイフ』(TBS系)がスタートする。同ドラマに、相武紗季がスキャンダルの原因となる女性新聞記者役で出演することが決定した。


 常盤貴子をはじめ、小泉孝太郎、水原希子、北村匠海、滝藤賢一、博多華丸、賀来千香子、吉田鋼太郎、 唐沢寿明ら豪華キャストの出演でも注目を集める同ドラマ。結婚後16年間、専業主婦として家庭を守ってきた蓮見杏子(常盤貴子)。しかしある日突然、東京地検特捜部長の夫・壮一郎(唐沢寿明)が汚職疑惑で逮捕され、さらに女性問題も発覚。杏子は子どもたちを 守るために弁護士に復職することを決意する。しかし、どこへ行ってもスキャンダルの渦中の妻として世間から好奇の目を向けられ、さらに弁護士としての16年のブランクははかり知れず、悪戦苦闘する日々を送る。

 それでも杏子は強い信念を持ち、“自分をあきらめずに”自分の弱みも逆手にとって強く生き抜いていく中で、弁護士として、人として成長していく。そんなドラマで、この物語の根幹となる壮一郎の「汚職事件」と「女性スキャンダル」。その「女性スキャンダル」の原因である壮一郎の相手・遠山亜紀役に相武紗季が決定。亜紀は優秀な新聞記者で、壮一郎と情報提供を通じて信頼関係を築いていた。しかしある日、二人は一線を越えてしまう。そのうえ、そのことがマスコミに報道され、大きなスキャンダルに。杏子と壮一郎の夫婦の絆を壊し、壮一郎を窮地に追い込むきっかけになる亜紀。彼女の存在が、この作品の大きな見どころである人間関係に今後どのように影響していくのか。

 出演が決まった相武は、「登場人物の誰もがそれぞれの思惑をもっているので、亜紀がそこにどう絡んでいくのか、観る人の気持ちをザワつかせ、楽しんでいただけるように演じたいと思います」と意気込みをコメントした。『グッドワイフ』(TBS系)は、1月13日よる9時からスタート。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース