SPEED TEST 防犯システム イベント/セミナー メールマガジン登録

くりぃむしちゅー有田、古市憲寿にコンビ格差を指摘されて動転

エンタメ その他

有田哲平(c)Getty Images(全 1 枚) 拡大 拡大写真

 社会学者の古市憲寿が、28日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。くりぃむしちゅーのコンビ格差を指摘し、有田哲平を動転させる一幕があった。


 かつて雑誌で、読者の悩みに答える連載を持っていた古市。例えば「結婚したい彼氏は派遣社員で、将来が不安」という相談があったという。それに対し誌上で古市は「共働きする覚悟があるならプロポーズしよう」などと回答。今回改めて、この相談についてスタジオで解説していた。

 すると古市は、カップルの関係性の話からお笑いコンビを連想したようで、「考えると、このコンビってすごい続いていますよね」と、くりぃむの2人に突然質問。上田晋也に「(有田を)損切りしようと思ってなかったんですか?」と聞き、「絶対こっち(上田)のほうが凄いじゃないですか」と指摘した。 

 さらには「(有田を)損切りするタイミングとかなかったのかなと思って」と繰り返し尋ねると、上田も「損扱いなの?有田は」と困惑。また、いきなり「損」と言われた有田も「ど、どういうこと?」と動転。不安のあまり「どうオレ?」と客席に尋ねていた。

《text:杉山実》