田中みな実、“本格女優デビュー”に戸惑い「とにかく緊張」「感情がついてこない…」 | RBB TODAY

田中みな実、“本格女優デビュー”に戸惑い「とにかく緊張」「感情がついてこない…」

エンタメ 映画・ドラマ
田中みな実【撮影:小宮山あきの】
田中みな実【撮影:小宮山あきの】 全 10 枚
拡大写真
 山口紗弥加、美村里江、片瀬那奈、桜井ユキ、田中みな実が30日、都内で行われた「オトナの土ドラ 第18弾『絶対正義』制作発表会」(東海テレビ・フジテレビ系全国ネット)に出席した。

 同作は、一切の過ちも許さず、法律のみを唯一の価値基準として生きる「絶対主義」の女・高規範子(山口)が周囲の人々を翻弄し、運命を狂わせていく恐怖を描くミステリー(2月2日から放送スタート 毎週土曜 23時40分~24時35分)。

 正義にとりつかれた“最恐”のヒロイン・範子を演じる山口は、「正義がもたらす恐怖、正義によって私がどう追い詰め、女性たちがどう追い詰められるのかを楽しんでいただきたいです。全シーンがクライマックスです」とアピール。

 自身の役柄について「おかっぱに真っ白の衣装で、キテレツなビジュアルなんですけど、愛すべきキャラクターになるといいなと思いながら演じています」と笑顔で紹介した。

 範子の元同級生で、経済的に苦しい主婦・由美子を演じる美村は、「なかなか苦しそうな役どころです。経済的なひっ迫感を出すために、服をダサくして、クマも消さないようにして、皆さんが歯がきれいなので、私はコーヒーを口に含んで、歯を黄色くしてから撮影に臨んでいます」と徹底した役作りを明かし、会場を驚かせた。

 同作で“本格女優デビュー”を果たす田中は、開口一番「いい年して恥ずかしいんですけど、とにかく緊張していて何を話していいかわからないんです…」と緊張を吐露。「女優さんって言っていただくのも申し訳ないですし、お話しをいただいて一生懸命やらせていただいている感じです」と心境を語った。

 妻子ある男性と不倫関係にある女優という、自身の役どころについては「許されない恋ではあるんですけど、真剣に愛し合っていて、それを範子にとがめられて正されていくんです。その事情を見ていただきだいです」と見どころを語った。

 撮影中も仲が良く、女子トークで盛り上がるという5人。

 美村が「皆さん瞬発力があるので、本番前はみんなで全然関係ないおいしい食べ物の話とかをしていて、本番になったら“バチバチ”でいくっていう現場で、楽しい毎日です」と現場の様子を明かすと、片瀬も「みな実ちゃんがチョコが大好きなのでチョコの話だったり、『結婚ってさ』『恋愛ってさ』みたいな話もしますね。高校生に戻った気分です」とにっこり。

 これに対し、田中は「私は緊張して台本を読んでるんですけど、皆さん直前までお話ししているので、すごいなあ女優さんてって思ってます。さっきまでみんな笑ってたのに、急に泣き出すから感情がついてこない。どうしようって…」と女優業への戸惑いを明かしていた。

《小宮山あきの》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース