瀬戸康史、ドラマ『パーフェクトワールド』で松坂桃李の恋敵役に | RBB TODAY

瀬戸康史、ドラマ『パーフェクトワールド』で松坂桃李の恋敵役に

エンタメ 映画・ドラマ
瀬戸康史、ドラマ『パーフェクトワールド』で松坂桃李の恋敵役に
瀬戸康史、ドラマ『パーフェクトワールド』で松坂桃李の恋敵役に 全 2 枚
拡大写真
 4月16日スタートのカンテレ・フジテレビ系火曜よる9時ドラマ『パーフェクトワールド』に、瀬戸康史の出演が決定した。


 同ドラマは、生涯一人で生きていくと決めていた、松坂桃李演じる車いすに乗った建築士・鮎川樹が、高校の同級生・川奈つぐみ(山本美月)と再会し、心を通わせていくことで樹自身が変化をしていくラブストーリー。原作は有賀リエの同名漫画。現在、女性コミック誌『Kiss』(講談社)に連載中で、累計発行部数は170万部を突破するなど人気を博している。

 今回出演が決まった瀬戸は、松坂演じる樹の恋敵で、幼なじみのつぐみに片思いをしている、心優しいアプリ制作会社の社長・是枝洋貴役。ドラマのオファーを受けた瀬戸は「ラブストーリーはそんなに経験がないので、照れくさい部分はありました。しかし、一人の人間としても役者としても経験を積んで、今こういった作品と巡り会えた事には意味を感じます」とコメント。自身の役柄については、「内なる炎は燃えたぎっているのに恋に関して積極的にいけない、そして人に寄り添う事のできる優しい人物」と説明。

 さらに、原作の感想や作品の見どころについては「まず『パーフェクトワールド』という題名に衝撃を受けました。人間誰しも自分の中で思い描く“パーフェクト”を目指して日々生活していると思いますし、この作品は健常者であろうが障害者であろうがそんな事は関係なく、すべての人間に問いかける作品だと思います」とコメント。

 最後にドラマを通して伝えたいメッセージについては、「我々は生きていく上で課題みたいなものを与えられて生活していると思います。その中で自分の気持ちに嘘をついたり、隠したり、また相手に対してとりたくもない態度をとってしまったり・・・僕も経験があります。それは本当に苦しいし、人生を振り返ってみても決して良い思い出ではありません。でも、このラブストーリーを通して、物事に対して正直になることの大切さを教えてくれている気がします。後悔してからでは遅い。後悔しない生き方を僕も学びたいと思います」と熱いコメントで締めくくった。

 ドラマ『パーフェクトワールド』は、カンテレ・フジテレビ系で4月16日よる9時からスタート。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース