河野景子、25年ぶりの生放送MCに「喉はカラカラ、脚もガクガク」 | RBB TODAY

河野景子、25年ぶりの生放送MCに「喉はカラカラ、脚もガクガク」

エンタメ ブログ
河野景子【写真:竹内みちまろ】
河野景子【写真:竹内みちまろ】 全 1 枚
/
拡大写真
 元フジテレビアナウンサーの河野景子が28日、自身のブログを更新。27日放送の『グレイティストTVショー~ブラウン管が生んだスターたち~』(フジテレビ)で25年ぶりに生放送のMCに挑戦した感想をつづった。


 河野は「生放送を終えて」と題してブログを更新すると「生放送のスタジオが持つ独特の匂いや空気感を感じて懐かしい! という感情が不思議と緊張感を消してくれました」とコメント。

 番組ではフジテレビ同期の八木亜希子とMCを担当した河野。八木からは細やかな気遣いがあったと明かし、「あ~、あっこが一緒だから大丈夫と痛切に感じました」と感謝をつづった。

 久しぶりの生放送MCに河野は「約1時間の生放送、ホントにあっという間でした。ちゃんと出来ていたか?? それはかなりの不安が残りますが楽しかった 番組終了とともに、喉はカラカラ、脚もガクガク、一気に緊張が込み上げてきましたけどね」とコメント。

 ブログは「あっこ、スタッフの皆さま、スタジオに応援に駆けつけてくださった懐かしの皆様ありがとうございました」と感謝で締めくくり、ブログの最後には八木との2ショットが添えられた。

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース