井上陽水、70歳になって芽生えた変化を語る | RBB TODAY

井上陽水、70歳になって芽生えた変化を語る

エンタメ 音楽
井上陽水、70歳になって芽生えた変化を語る
井上陽水、70歳になって芽生えた変化を語る 全 1 枚
/
拡大写真
 4月6日・13日放送の『SONGS』(NHK総合)は、2週連続で井上陽水に密着する。


 今年、50周年を迎えた井上陽水は、4月からツアーをスタートする。番組はそんな井上のリハーサルに密着。井上の素顔を伝えていく。番組では、井上が70歳となった今、自分の中で芽生えた変化を告白。独自のフィルターを通して多くの名曲を生み出してきた井上の音楽人生。時に、社会を鋭い感性で切り取り、シュールにかつシニカルに歌ってきた井上だが、今、自身の歌詞の意味を、改めて自分自身に問いかけているという。歩んで来た道のり、美学、原点、友人、夢、そして自身がつづった歌詞の意味とは、一体何なのか?

 また、井上は今年3月中旬に弾き語りライブイベント「J-WAVEトーキョーギタージャンボリー」に参加したが、そこに集結した18組のシンガーソングライターたちが、先駆者・井上をどう見たのかについても取材。他にも、番組では最新のライブパフォーマンスとして、「最後のニュース」「傘がない」「帰れない二人」など、名曲を放送する。

 井上陽水に密着した『SONGS』(NHK総合)は、4月6日および13日の、いずれもよる11時から放送。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース