女優・樹木希林さんが亡くなってまもなく1年、娘・也哉子が著書や生前のエピソード語る | RBB TODAY

女優・樹木希林さんが亡くなってまもなく1年、娘・也哉子が著書や生前のエピソード語る

エンタメ その他
(c)TBS
(c)TBS 全 2 枚
拡大写真
 8月30日あさ8時放送の『ビビット』(TBS系)では、昨年9月に亡くなった女優・樹木希林さんの一人娘でエッセイスト・内田也哉子と真矢みきのスペシャル対談が届けられる。

※楽天で「ドライブレコーダー」ランキングをチェックする!【PR】

 也哉子は今月、『9月1日 母からのバトン』という本を樹木さんと共著という形で出版。内容は学校を苦にして自ら命を絶ってしまう多くの若者たちをテーマにしたもの。樹木さんは昨年9月、「死なないで、死なないで・・・。今日は、大勢の子どもが自殺してしまう日なの」と病室の窓の外に向かって、言葉を詰まらせながらそうつぶやいていたという。一体、樹木さんは何を伝えたかったのか?

 また、対談は同著書以外で父・内田裕也の話題にも及ぶ。両親を相次いで亡くした也哉子の今の想いは? また、家族で過ごした最期の時間とは? 也哉子は、樹木さんの「動物的な勘」が働くことで生まれたという、“奇跡的な秘話”も明かしていく。

 エッセイスト・内田也哉子と真矢みきのスペシャル対談は、8月30日の『ビビット』(TBS系)内にて放送。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース