選手の位置情報を可視化!「第64回全日本実業団駅伝」中継でGPS用いた新技術採用 | RBB TODAY

選手の位置情報を可視化!「第64回全日本実業団駅伝」中継でGPS用いた新技術採用

IT・デジタル その他
(C)TBS
(C)TBS 全 1 枚
/
拡大写真
 2020年1月1日放送『ヤマザキ新春スポーツスペシャル ニューイヤー駅伝2020第64回全日本実業団駅伝』(TBS系)で、“選手の位置情報の視える化技術”が採用されることが分かった。


 全日本実業団駅伝といえば、全国から予選を勝ち上がった37チームによる元日の頂上決戦。導入が決まった“選手の位置情報の視える化技術”は、NTT西日本グループとNTTブロードバンドプラットフォームが開発。GPS機能を搭載したチップが選手のナンバーカードに装着されることで、選手の位置情報をリアルタイムに受信することが可能になるという。

 データ放送では約1分ごとの更新で順位情報を表示。使用されるチップは、選手の負担にならないよう小型、軽量化されているという。なお、同システムが放送で使用されるのはロードレース中継では初の試み
とのこと。

 『ヤマザキ新春スポーツスペシャル ニューイヤー駅伝2020第64回全日本実業団駅伝』(TBS系)は、2020年1月1日8時30分から放送。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース