浜辺美波、武田真治の「しくじり」授業中にウトウト……罰としてスクワット10回 | RBB TODAY

浜辺美波、武田真治の「しくじり」授業中にウトウト……罰としてスクワット10回

エンタメ その他
浜辺美波【撮影:佐藤】
浜辺美波【撮影:佐藤】 全 1 枚
/
拡大写真
 浜辺美波が、11日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演。この日の講師である武田真治の授業中に睡魔に襲われるシーンがあった。


 今回、武田は「完璧じゃないと満足できず、できない自分に絶望しちゃった先生」として登場。これに関連して武田が、「自分の理想と現実のギャップに苦しんだことは?」と質問すると、浜辺は「私は結構多い」とし、「完璧ではないと…というのはすごく気持ちが分かる」と共感。

 この後、武田は初告白の話を続々と披露。中学時代にサックスを始めると、地元の人気バンドにスカウトされて加入し、音楽コンテストに出場したエピソード。また上京後はお金がないため、スタイリストから売れない小さなTシャツを着ていると、それが逆に注目されて「フェミ男」ブームが巻き起こるなど意外な事実が次々と判明。

 だがストレスで顎関節症になりサックスが吹けなくなった武田。日常生活すらままならない“うつ”状態に陥ったと振り返った。ところがこの途中、浜辺のまぶたが重くなり、こっくりこっくりと船を漕ぎ始めた。

 浜辺の姿に武田は「浜辺さん、ちょっと! 僕一生懸命話してます」と注意。彼女は居眠りを否定するも、武田は「1回前に出てきてくれ。俺の人生を懸けた授業を……!」と言いながら彼女の手を引き、教壇の前へ連れ出した。

 授業は突如として一旦中断し、浜辺は罰としてスクワットをさせられるハメに。ハライチ澤部佑は「そんな時間じゃない」とブーイングを浴びせたが、武田の怒りはおさまらず、浜辺と一緒に向き合いながらスクワットを計10回行った。それを終えた浜辺は素直に「ありがとうございました!」と礼を述べて席に戻っていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース