純烈・後上、衝撃のお坊ちゃん人生……携帯代は今も父親が支払い 去年までお小遣い月10万 | RBB TODAY

純烈・後上、衝撃のお坊ちゃん人生……携帯代は今も父親が支払い 去年までお小遣い月10万

エンタメ その他
純烈・後上翔太【撮影:小宮山あきの】
純烈・後上翔太【撮影:小宮山あきの】 全 1 枚
/
拡大写真
 純烈・後上翔太が、22日放送の『親のおカネ、子知らず ~親がかけたおカネ知ってますか?~』(TBS系)に出演。衝撃のお坊ちゃん人生が判明した。


 親が我が子を大学までに行かせるための平均養育費は2,498万円とも言われている中、芸能人の親が子どもを育てるためにいくらかけたかを可能な限り算出する同番組。

 そこで今回、リーダーの酒井一圭が、後上の父・勝さんが暮らす実家を訪れ、後上の生い立ちを聞き出すことに。そもそも彼は一人っ子だったため、「みんなの愛情が一手にいっていた」という。また母方の祖父は医師で、勝さんはメガバンクに勤めるエリート銀行員。さらに勝さん兄弟は全員、慶應義塾大学出身とエリート家系。そこで後上は将来、医師になることを期待されていた。

 そこで彼は小学校受験のため、幼稚園のころから体操教室へ。だがそこは紹介制。勝さんによれば入会金は30万円で月謝4万円、個人レッスン料は1時間1万円と高額だったという。そんな熱心な教育の甲斐もあって後上は難関の国立学芸大附属の小学校へ。

 さらに小学校にあがった後上は、のちの中学受験のためピアノ教室や野球教室に通い、また当時70万円するパソコンを買ってもらい、お絵描きに使っていたという。

 だが高校時代、後上は医師への道を断念し、医学部のない大学へ進学した。ところがある日、後上は突然、茶髪に染めてギャル男に変身。ギャルサー通いを続けていたという。

 だがそんな親不孝な後上を、勝さんはなぜか甘やかし、2台ある後上の携帯のうちの1台は、17年間、今もなお勝さんが払っていることが発覚。その電話料金は204万円と算出されていた。

 さらに後上は、リーダー酒井の誘いで純烈へ加入。その際、「本気で芸能界に挑戦するなら大学を辞めろ」と言われ、大学3年生のときに中退した。だが3年間分の学費約400万円はすべて親持ち。さらに幼稚園からかけてきた1,768万円の教育費もすべて水の泡に。

 さらに去年の正月まで実家に暮らしていたという後上は、純烈加入から去年までお小遣い月額10万円をもらっていたという。結果、親がこれまで後上にかけてきた総額は、平均2,498万円の約2倍高い5,707万6,441円だった。

 また、なぜ勝さんがここまで後上を甘やかしたのかその真意が明かされた。勝さんは「よく考えてみると、(これまで息子にやらせたことは)全部親が敷いたレール」としながら、大学を中退して純烈に加入したことは「酒井さんの出会いもあったが、選んだのは自分」と後上本人が選んだ夢とし、「応援するしかない」と告白。VTRを見ていた後上も、結婚して子どもが出来たら「自分がしてもらったことを同じことをしてあげられる自分になりたい」と抱負を述べていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース