高柳明音、卒業記念写真集でランジェリー姿を披露「セクシーさが出ていたら」 | RBB TODAY

高柳明音、卒業記念写真集でランジェリー姿を披露「セクシーさが出ていたら」

エンタメ グラビア
高柳明音【写真:竹内みちまろ】
高柳明音【写真:竹内みちまろ】 全 8 枚
拡大写真
 アイドルグループ・SKE48の高柳明音が4日、都内にて、卒業記念写真集「いつか、思い出したいこと。」(光文社)の発売記念会見を開催した。

 2009年にSKE48の2期生としてデビューした高柳は約11年間グループを牽引し、この春にグループから卒業することを発表している。

 会見には、高柳は、写真集のロケ地にもなったベトナムをイメージしたアオザイスタイルで登場。完成した写真集を「11年の思いも込めた1冊になっています」と紹介し、「ひとつのみなさんへの宝物のプレゼントという形になったら嬉しいなと思っています」と目を輝かせた。

 同作にはランジェリーカットも収録されている。現在28歳の高柳は、「SKE48に入って初めて水着で撮影などをさせて頂いたのですが、ランジェリーは大人だからできることだなと思います」といい、「なんせ、こんなセクシーな下着を普段は持ち合わせていないので、着るときに、『ああ、これが年相応の子が着るものなのだな』という緊張はあったのですが、でも着てみると、エロさというよりはちょっとセクシーさが出ていたら嬉しいな……、という感じです」と恥じらいを浮かべながら言葉にした。

 「今回の撮影を経て、『ランジェリーを買ってみよう』などと思いましたか?」と声を掛けられると、「1人前の女性になる第1歩として、卒業したら“自分におめでとう”の気持ちを込めて買いたいなと思います(笑)」と笑顔を弾けさせた。

 また、15日に神奈川・横浜アリーナで開催予定だった卒業コンサート「SKE48アリーナコンサート in 横浜アリーナ 私の兆し、皆の兆し ~あかねまちゅりだ!~」が新型コロナウイルスの影響で中止になったことについて、高柳は、「誰にも悲しい思いをさせたくないので」と胸中を明かした。「(高柳の)家族も『大丈夫かな。もし、明音の出る卒業コンサートでそういうことが起こっちゃったら』と心配していました」と振り返り、「(影響があったら)家族も悲しいし、私も悲しいし、メンバーも悲しいし」と告げた。「『次にプラスになる繋げ方をしていこう』ということで、スタッフの皆様とはお話をさせて頂きました」と報告し、「私がその日のために作ったセットリストだったり、演出だったりは、いつか叶えたいなとは思っています」と目を輝かせた。

《竹内みちまろ》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース