新旧iPhoneケースを幅広くラインナップ!定番品「AndMesh」をチェック! | RBB TODAY

新旧iPhoneケースを幅広くラインナップ!定番品「AndMesh」をチェック!

IT・デジタル ガジェット・ツール
新旧iPhoneケースを幅広くラインナップ!定番品「AndMesh」をチェック!
新旧iPhoneケースを幅広くラインナップ!定番品「AndMesh」をチェック! 全 21 枚
拡大写真
 メッシュ状のデザインで、数あるケースの中でも定評の「AndMesh」。今回は、iPhone用の同製品をチェックしてみた。


飽きの来ないデザインはさすが定番品





 「AndMesh」は、全体に無数のドット穴が配置されており、この穴の存在がiPhoneケースとして多くのメリットを与えてくれる。後述する通り、新旧問わず幅広いiPhoneに対応。カラーラインナップもシンプルなものからパッション系、クール系まで豊富に揃える。







 iPhoneのデザインは美しい。できる限りこのデザイン性の高さを消したくないと考えるユーザーもいるだろうが、「AndMesh」はそれが可能だ。





 装着しても、背面のリンゴマークはうっすらと透けて見えておしゃれ。通気性も良好で、iPhoneケースにありがちな、「中にホコリがたまって本体にキズが付く」という心配もない。



 素材はエラストマー(TPU)が使用されており、シリコンのようなベタつきはない。手なじみがよく、サラサラとした質感が、持っていて心地よい。適度な滑りもあるので、ズボンのポケットに突っかかったりすることもなく、出し入れをスムーズに行うことができる。

落下に強く、iPhoneの機能を消さない



 iPhoneケースには、不慮の本体落下に対する一定の防御機能を求めたいところだが、「AndMesh」はその点にも配慮されている。



 まず、画面とケースの間に1ミリほどの厚みがあるので、仮に落としてしまったとしても、地面と画面が直接触れることはなく、衝撃は最小限に抑えられる。



 また、ケースの内側側面にも半球が多数配置されており、落下時の衝撃を吸収・緩和してくれるという。こうした落下に対する強さはアメリカ国防総省軍事規格(MIL-STD-810G・ミルスペック)に準拠しているというから安心感あり。





 さらに、カメラもしっかりと保護。iPhoneのカメラレンズは本体からやや突き出たデザインで、落とした時の衝撃をモロに受けやすいが、ケース自体に少しだけ厚みがあるので、レンズに傷が付く可能性も低い。



 iPhone 8およびiPhone X以降の機種は、専用の端末に置くだけで充電が可能な「Qi規格(充電)」に対応しているが、ケースの中には厚みがありすぎたり、素材がNGだったりで、この機能を消す商品もある。「AndMesh」はしっかりとワイヤレス充電に対応している点も嬉しい。

豊富なラインナップ、iPhone 7シリーズから展開



 iPhoneも、最新機種にこだわりを持つユーザーが少なくなってきた。最近では、中古スマホを中心に2~3年前のモデルを探すユーザーも少なくない。

公式サイトキャプチャ画面

 そんなときに困るのがケースの存在だが、「AndMesh」は最新のiPhone 11やiPhone 11 Proはもちろんのこと、今回紹介したiPhone X/XS向けの消費にゃ、2016年発売のiPhone 7対応モデルもラインナップ。公式サイトもモデル別に分かれていて探しやすい。今回お借りしたのはiPhone X/XS向けの商品だが、まだまだ豊富にカラーリング・モデルが展開されている。



 「AndMesh」に欠点はないのかと聞こえてきそうだが、強いてあげるとすれば2つあると思う。まず1つに装着感が“ピッタリ”すぎるところ。やや着脱がしにくい場面もあるが、正直慣れでカバー可能。



 あとは、面端をタッチ/スワイプする際に反応しにくいことがある。先述した衝撃緩和のために設計された本体の厚みによるものだが、全く反応しないわけではないので安心だ。

 実際、「AndMesh」は総合点で見ればかなりの高さ。さすがはロングセラーというだけのことはある。なお、今回お借りしたメッシュケースの価格は3,000円(税別)。他にもレイヤーケースやメッシュ状になっていないベーシックなケースも展開されているので、詳しくは公式サイトをチェックだ


※協力:Hamee

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース