『ピーナッツバターサンドウィッチ』婚活女子の“恋のお相手”に奥野壮、濱正悟ら | RBB TODAY

『ピーナッツバターサンドウィッチ』婚活女子の“恋のお相手”に奥野壮、濱正悟ら

エンタメ 映画・ドラマ
(C)「ピーナッツバターサンドウィッチ」製作委員会・MBS  (C)ミツコ/講談社
(C)「ピーナッツバターサンドウィッチ」製作委員会・MBS (C)ミツコ/講談社 全 1 枚
/
拡大写真
 矢作穂香と伊藤健太郎がダブル主演を務める新ドラマ『ピーナッツバターサンドウィッチ』(MBS)より、婚活女子4人の“恋のお相手”となる男性キャスト陣が発表された。


 同ドラマは、婚活世代の女子たちのリアルな本音を反映して描かれた同名漫画の実写化作品。作中では、違った肩書と結婚観を持つ4人の女子たちが、「結婚」へ向けて奮闘するリアルな恋愛模様が描かれる。一般的な婚活ドラマとは大きく違うポイントとしては、婚活をサポートする謎の組織・ピーナッツバターサンドウィッチーズの存在がある。同作では、政府が秘密機関を立ち上げたという独自の世界観で描かれる。

 すでに、婚活女子4人のキャストとして堀田茜、瀧本美織、筧美和子、Nikiの出演が発表されていたが、このほど、その“相手役”が決定。まずは、美晴(瀧本美織)がマッチングアプリを通じて出会う年下イケメン・時田役に奥野壮(O-AOX)。美晴が6年同棲をしているが、一向にプロポーズの気配がない涼太役に佐藤流司。美和(筧美和子)を都合よく呼び出しては体を重ねる慎役に吉田仁人(M!LK)。

 沙代(堀田茜)の後輩で、恋愛対象外の男子・青木役に濱正悟。社長秘書の茜(Niki)の取引先相手で、体育会系男子の五十嵐役に濱尾ノリタカ。茜が度々デートをしている、すべてが完璧な外資系男子・津田役に一ノ瀬竜。そして、沙代の憧れの先輩・笹山役に忍成修吾が決定した。異なった恋愛観を持つ婚活女子4人と、彼女達を取り囲む婚活男子達が織りなす、リアルな恋愛ドラマに注目だ。

 出演の決まった奥野は、「4人の素敵な女性が恋に仕事に、悩んだりときめいたりする甘くてちょっぴりほろ苦いストーリーは多くの方に共感、応援していただけるのではないかと思っています」とドラマについて解説。佐藤は「感情移入しやすい人物かと思いますので、是非涼太の視点でも物語を楽しんで頂ければと思います」と、自身の役柄についてコメント。吉田は「是非、観ているみなさんは慎には共感せず、美和ちゃんを全力で応援してください」と呼びかけ。

 濱は「後輩キャラは初めてなので全力で楽しんで、精一杯大切に演じていきたいと思います!」と意気込み。濱尾は「五十嵐の恋模様を通して皆様が今すぐにでも恋愛したくなるようなホットでピュアな気持ちをお届け出来るよう頑張ります!」、一ノ瀬は「全て完璧な外資系男子という今までやったことのない役でとても新鮮でした!自分と離れてる人物だったので演じていて楽しかったです。是非いつもと違う一ノ瀬をお楽しみください!!笑」、忍成は「僕自身結婚願望はありますが、まだ婚活は身近なものではないかも知れません。でもいつ来るかもしれない時のために、PBSの中で勉強しておこうと思います」と、それぞれ語っている。

 ドラマ『ピーナッツバターサンドウィッチ』(MBS)は、4月2日放送スタート。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース