【今週のエンジニア女子 Vol.104】「これ私が作ったの」と言える瞬間が誇らしい……山田亜季さん | RBB TODAY

【今週のエンジニア女子 Vol.104】「これ私が作ったの」と言える瞬間が誇らしい……山田亜季さん

IT・デジタル ネタ
【今週のエンジニア女子 Vol.104】「これ私が作ったの」と言える瞬間が誇らしい……山田亜季さん
【今週のエンジニア女子 Vol.104】「これ私が作ったの」と言える瞬間が誇らしい……山田亜季さん 全 10 枚 拡大写真
 今回のエンジニア女子はウィルオブ・ファクトリーの山田亜季さん。就社3年目でシステムグループ WEBプロモーションチームに所属している。

--- 現在どのような業務を行なっていますか?

株式会社ウィルオブ・ファクトリーは製造業や物流業に特化した人材サービスを展開しています。在籍する部門はWEBに関するプロモーションを担っており、私自身は外部ベンダーの助力を得ながら、求人サイト「WILLOF工場求人」やコーポレートサイトなど複数のWEBサイトの開発・運営を行っています。



--- ご自身が携わっているシステムについて教えてください。

チームとしてのミッションが集客なので、単に求人を見せるだけでなく、特定のユーザーに動画を見せたり、ポップアップを出したり、仕組みづくりに注力しています。

--- 業務の中で大事にしている点や気をつけていることはなんですか?

常にユーザーの視点で考えることに気を付けています。 当社の求人サイトは一般的なアルバイト等の媒体よりユーザーの年齢層が高い傾向にあるので、私たちが実現したい技術やデザインとユーザーとの間にギャップがないかを常に考えるようにしています。

--- 好きなプログラミング言語とその理由を教えて下さい。

日頃よく使用するので、JavaScript、PHPあたりに親しみを持っています。

--- エンジニアを目指したきっかけを教えてください。

以前に勤めていた会社が、有名なキャラクターを使用したモバイルアプリを開発している会社で、「自分もこんな風にキャラクターを動かしたい」と思い、専門の学校に通ったのがきっかけです。



--- いまの仕事を選んで良かったと思うことはなんですか?

自社サービスに携わっているので、正確な反響をダイレクトに受け取れることは良い点だと思います。作って終わりではないぶん、数値的に良し悪しがはっきりと分かり、それが自分自身を成長させるきっかけになっています。また良い反響を得られるということは、より多くの求職者にチャンスを提供できたことにも繋がるので、達成感も大きいです。

--- 他の職業では体験できないことはありますか?

自分が作ったものが世に出る。カタチにのこる。という体験は、クリエイティブ職ならではだと思います。仕事だから当たり前なのですが、「これ私が作ったの」と言える瞬間は、やっぱりどこか誇らしい気分になります。

--- エンジニアなら読んでおきたいと思う本を推薦して下さい。

最近はディレクションの本をメインに読んでいますが、エンジニアとしてはオライリーの「JavaScript 第6版」とかですかね



--- どういった方がエンジニアに向いていると思いますか?

『制約を楽しめる人』に向いていると思います。すべて自分の思い通りに作れるプロジェクトは本当に少なく、イチから開発する場合でもインフラに制限があったりするので、何かと工夫が欠かせない毎日です。”決められたルールの中で、最高のパフォーマンスを発揮するものを生み出す”といった、ある意味、自分との戦いのような状況が苦にならない人に向いていると思います。

--- 今後はどのようなエンジニアを目指していきたいですか?

どんな環境や制約にも対応できるような市場価値の高い人材を目指しています。社内の慣れた環境だからきてしまうことに甘えないように、知識やスキルを多面的に磨くことを心掛けています。


■ ひとくちメモ

Q.ビジネスツールで自慢の、またはこだわりのあるモノについて
A.最近、iPadを買いました。PCより持ち運びが軽いので、外出先でサクッとライティングするのに便利です。あと手書きもできるので、MTGがてらノートの代わりとしてワイヤーを書いたりするのにも重宝しています。 またこだわりと言えるかはわかりませんが、折りたたみ式のノートパソコンスタンドは長く愛用しています。

Q.お仕事帰りに寄るお店は?
A.基本的に直帰していますが、寄り道は伊勢丹のコスメフロアが一番多いです。



Q.よく遊ぶ場所は?
A.新宿か浅草です。

Q.好きな休日の過ごし方について
A.ブックカフェで、勉強か副業のお仕事をして過ごしています。

Q.最近行って(観て)良かった映画、展示会、ライブは?
A.気になる映画は、片っ端から映画館で見る派です。2019年はディズニー映画が多かったですが、どの映画も素敵でした。

Q.仕事とは関係なく、今はまっているアプリは?
A. 「マリオカートツアー」と「ペンギンの島」にはまっています。

Q.理想の男性像について
A.すごく真剣な顔で子供みたいな失敗をするような、可愛らしい人。

《RBB TODAY》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース