小倉智昭、政府の学生支援策に“実態とあってない” | RBB TODAY

小倉智昭、政府の学生支援策に“実態とあってない”

エンタメ その他
小倉智昭【撮影:non】
小倉智昭【撮影:non】 全 1 枚
/
拡大写真
 7日放送の『とくダネ!』(フジテレビ)ではコロナウイルスの影響で困窮する大学生の現状が取り上げられ、オンラインで学生の一人も生出演した。

 「前期分学費をギリギリ支払うことができた。後期の支払いができなくなりそう」「設備費だけでも免除してほしい」と訴える学生。現在、学生に対して支援金を支給する大学がでてきているが、その金額も様々。教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏は「大学によって(支給する金額に)すごい差がある。5万円のところもあれば10万円のところもある。東京都内の大学は大規模なところが多いが、定員を抑えられているので収入がきつきつになっている。学生への支援をやりたくてもできないという大学が圧倒的に多いんじゃないか」とコメント。「海外の大学は、普段からものすごいたくさんお金を出している」として、未来への投資と考えて学生は大事にされているが、日本はそういう考えは低く奨学金も給付型は少ないと問題点を指摘した。

 政府は先月から「高等教育就学支援新制度」にて、授業料免除や給付型奨学金を発表したが、対象が住民税非課税世帯・準ずる世帯の学生となっている。これについてMCの小倉智昭は「(子供を)大学に行かせているご家庭で、住民税非課税のご家庭は少ないと思いますよ」「入学金だけは両親が準備するけど、あとはなんとかアルバイトで授業料払ってねという家庭が結構多い」とし、実態とあってない政府の基準対象の設定に疑問を投げかけた。

 小倉は「退学も考えたりしましたか?」と学生に質問したが「前期分は支払えたのでそこまで考えていないが、そう考える日もくるのかなと思う」と答えていた。

《RBB TODAY》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース