リアルすぎる女子高生CG「Saya」のクリエイターが『情熱大陸』に登場 | RBB TODAY

リアルすぎる女子高生CG「Saya」のクリエイターが『情熱大陸』に登場

IT・デジタル ネタ
(C)TBS
(C)TBS 全 1 枚
/
拡大写真
 5月24日23時からは、『情熱大陸』(TBS系)が放送。3DCGアーティストユニット「TELYUKA」に迫る。


 TELYUKAは、技術・システムを担当する石川晃之氏と、ディレクション・アートを担当する石川友香氏の2人で構成。2人は在籍していたCGの制作会社で出会い、その後結婚。“リアルすぎる女子高生CG”とも呼ばれる「Saya」を作り出した。Sayaは、2017年に女性オーディション「ミスiD2018」の特別賞を受賞。可愛らしいルックスと肌の透明感、そして3DCGであるという事実が話題となった。

 一般的に、CGやロボットが人間の姿に近づけば近づくほど、人はその見た目や存在に強い嫌悪感「不気味の谷」を抱いてしまうというが、Sayaは初めてこれを越えたとも言われている。番組では、Sayaに「声」を実装するまでを取材。現実空間の中で活動するSayaの新作ムービーが世界初公開される。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース