『愛していると言ってくれ』25年ぶりの名作に感動広がる「涙腺崩壊」 | RBB TODAY

『愛していると言ってくれ』25年ぶりの名作に感動広がる「涙腺崩壊」

エンタメ その他
(C)TBS
(C)TBS 全 3 枚
拡大写真
 豊川悦司・常盤貴子主演で放送された金曜ドラマ『愛していると言ってくれ 2020年特別版』(TBS系)が5月31日にオンエアされ、25年ぶりの名作に視聴者から感動の輪が広がっている。


 同作は1995年7月、豊川、常盤のW主演で大ヒットし、社会現象を巻き起こしたラブストーリー。7歳のときに聴覚を失った青年画家・榊 晃次(豊川)と、劇団で演技の勉強をしている女優の卵・水野 紘子(常盤)が、障害を乗り越えながら愛を深めていく。

 今回は「特別版」と題して、冒頭の約3分半、豊川と常盤がリモートでつなぎ、「同窓会」トーク。仕事をするのは映画『20世紀少年』以来だという2人は、画面越しながら、当時について懐かしそうに語り合った。

 豊川は、このドラマは夏の暑い中での撮影が多く、しかも走るシーンが多かったため汗だくになったことが思い出と振り返った。一方、常盤は「豊川さんの手話がすごい滑らかで美しかった」と回顧。豊川は「確かにそれは一つの魅力ではあるけれども、素直に恋愛ドラマとして見てもらえたら嬉しい」と望んでいた。

 このあと本編がスタート。1話目、 晃次がりんごの木から実をもぎ取り、紘子に手渡す出会いシーンから始まり、続けて主題歌であるDREAMS COME TRUEの『LOVE LOVE LOVE』が流れると、視聴者は「うわぁー懐かしすぎる!!」「これはあかん ヤバすぎる…」などと大興奮。

 この後、1話から3話まで一挙放送。天真爛漫で純粋な紘子と、心に深い傷を負う繊細な晃次は互いに惹かれあい、またすれ違い、求めあっていく。3話のラストシーンは、泣いていないと強がる紘子の涙を、晃次が親指で拭う、踏切での名場面。

 言葉を持たない青年と、夢を追う女性の究極の恋愛ドラマ。今も色褪せない名作に、当時見ていた視聴者は「涙腺崩壊だぁ」「どこ切り取ってもキュンキュンします」と感動。

 さらに豊川悦司にも「鼻血出そうな色気」「トヨエツさまの破壊力が凄まじい」、常盤貴子にも「抜群にかわいい」「なぜそんなに綺麗なんだ」など、改めてその魅力を再認識する声も多かった。来週は6月7日、TBS系(一部地域除く)で、午後2時から3時間放送される。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース