バーチャルシンガー「花譜」とドコモがコラボ! | RBB TODAY

バーチャルシンガー「花譜」とドコモがコラボ!

IT・デジタル その他
HAYABUSA EXPERIENCE by 3.5D × docomo
HAYABUSA EXPERIENCE by 3.5D × docomo 全 10 枚
拡大写真
 16才のバーチャルシンガーとして活躍する花譜とドコモのコラボレーション展示会「HAYABUSA EXPERIENCE by 3.5D × docomo」が、8月31日までオンラインで開催中だ。


 花譜は、リアルとバーチャルが融合されたミュージックビデオや写真をYouTubeで配信。現在、チャンネル登録者数30万人を超える人気ぶりを博している。オンラインで開催中のコラボレーションイベント「HAYABUSA EXPERIENCE by 3.5D × docomo」は、ドコモが次世代通信規格として展開する“5G”技術をアピールするもので、クリエイター集団「SSS by appribot」などのイラストや、ミュージックビデオがオンラインで視聴可能。ミュージックビデオはVRバージョンとなっており、目の前で花譜が歌っているような臨場感ある映像が楽しめる。

 また、バーチャル空間で世界中の人々と交流することができるソーシャルVRへ入り込む「VRChat」、好きな場所に3DCGで作られたフィギュアを飾りつけられるARアプリケーション「ホロモデル 」など、花譜の住むバーチャルの世界に遊びに出かけたような体験ができる内容となっている。当初は“リアル”会場での展示会開催が予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で、バーチャル空間に会場を移動。オンラインイベントとしての開催が決まった。

 なお、今回のコラボレーションにあわせて花譜のキャラクターを手がけるPALOW.によって描かれた新しい衣装が登場。5Gのスピードに乗ってバーチャルの空を飛び回る「隼」をイメージしたモデルとなっている。「HAYABUSA EXPERIENCE by 3.5D × docomo」は、特設サイトにて8月31日23時59分まで開催中。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース