作業デスクをIKEAの材料で自作!広いデスクに必要なアイテムをまとめた動画製作環境 | RBB TODAY

作業デスクをIKEAの材料で自作!広いデスクに必要なアイテムをまとめた動画製作環境

IT・デジタル ネタ
作業デスクをIKEAの材料で自作!広いデスクに必要なアイテムをまとめた動画製作環境
作業デスクをIKEAの材料で自作!広いデスクに必要なアイテムをまとめた動画製作環境 全 1 枚
/
拡大写真
 テレワークで自宅作業をいていると、自分のデスクまわりをもう少し快適な作業環境にアップグレードしたいと考えるようになる。にここでは国内外のYouTuberや動画クリエイターの仕事や環境、こだわりのツールを紹介。今回は広いデスクに必要なアイテムをすっきりまとめた米国のクリエイター・Boxer氏のデスクを取り上げるので参照してほしい。

 動画制作会社を経営しながら、自身のYouTubeチャンネルでデジタルアイテムなどをレビューしているBoxer氏は、大きなデスクとそこで使っているアイテムを紹介。幅約1.8メートルのデスクの天板は、イケアのクルミのキッチンカウンターを使用。脚部分もイケアで購入し、計200ドルほどの手頃な価格でスタイリッシュかつ広い作業スペースを確保している。

 動画の編集などには16インチの新MacBook Proを使用。さらにそこから、LGの5Kワイドディスプレイに接続することで、画面上の作業スペースもたっぷり確保している。入力には、トレイを使って一体化したMagic KeyboardとMagic Trackpadを使用。さらに、必要に応じてLogitech(ロジクール)のワイヤレスマウス「MX Master 3」も併用しているとのこと。

 また、照明には、スマホから調光のできるPhilipsを使用。Philips製品ではない岩塩のランプなども、スマートプラグ経由でスマホに接続。さらに、スマホアプリを開かずに操作できるように、スマートデバイス用のボタン「Logitech Pop」をデスク天板の裏に設置。そしてケーブル類は、デスク天板の裏面にまとめて収納することで外から見えないように工夫し、全体をすっきりまとめている。

My DREAM Desk Setup Tour! (2020)



 さらに、デスク環境をよりアップデートした動画も公開。こちらの動画では、デスクの脚を電動のスタンディングデスク用のものに交換している。ボタンひとつでデスクの高さを変えられるようになったことで、座り作業に疲れたときなどに立ち上がって作業することで、長時間座っていることによる膝の痛みも少なくなったとのこと。

 また、ディスプレイの上にはバータイプのライトを設置し、読書をするときなどの明るさを確保。さらにモニター下部にはビデオ通話用にWebカメラも設置している。

Affordable DIY Standing Desk Setup for Home Office - Converter Kit Review


作業のしやすさと見た目の美しさを両立したスタイリッシュなデスク環境。ケーブルの隠し方などはすぐに真似したくなる。

《酒井麻里子》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース