爆問・太田、都医師会長の「火だるま」発言を「科学者の言葉とは思えない」と批判 | RBB TODAY

爆問・太田、都医師会長の「火だるま」発言を「科学者の言葉とは思えない」と批判

エンタメ その他
太田光【撮影:こじへい】
太田光【撮影:こじへい】 全 1 枚
/
拡大写真
 爆笑問題の太田光は2日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、尾崎治夫・東京都医師会会長の「日本全体が(新型コロナ)感染の火だるまに陥る」との発言を「科学者の言葉とは思えない」と批判した。

 尾崎会長は7月30日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大を巡る政府の対応について「今のやり方では限界があるだろう。日本全体がどんどんどんどん感染の火だるまに陥っていく」と述べ、すぐに国会を召集して法的拘束力のある休業要請と休業補償を制度化すべきだと訴えた。

 太田は、専門家の一部からは「今回のコロナは季節性のインフルと同程度で、それほど恐れる必要はない」との見解も出ているとし、「専門家同士で意見が食い違っている時に、国民が不安がっているのは、誰を信じていいか分からないこと。船頭がいっぱいいる状態だ」と指摘。「安倍さんがここは違うんだということをちゃんと説明しないと国民が安心できない」と述べ、安倍首相が国民の不安解消のため記者会見を開いて説明すべきだと提言した。

 一方で尾崎会長の会見については「あれをなんで国民に訴えるか疑問。政府の専門家委員会に知り合いがいっぱいいるからそこに訴えればいい」と疑問を示した。

《角谷》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース