映画『ぐらんぶる』いよいよ全国公開!ダイビングサークルが舞台の青春コメディ | RBB TODAY

映画『ぐらんぶる』いよいよ全国公開!ダイビングサークルが舞台の青春コメディ

エンタメ 映画・ドラマ
(c)井上堅二・吉岡公威/講談社(c)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会
(c)井上堅二・吉岡公威/講談社(c)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会 全 8 枚
拡大写真
 ダイビングサークルを舞台にした映画『ぐらんぶる』が7日に公開される。


 同作は『good!アフタヌーン』(講談社)で連載中の井上堅二(原作)・吉岡公威(漫画)のコンビによる同名漫画が原作。ダイビングサークルを舞台にしながら、なぜかほぼダイビングをしないという型破りな青春コミックだ。2014年4月から連載を開始し、既刊15巻で500万部を突破。2018年7月~9月にはアニメ化もされた。

 国内でも珍しい離島にある大学に入った伊織(竜星涼)の目標はただひとつ。それは気のあう友人や可愛い女子と「キラキラな大学生活」を送ること。なのに、何かおかしい。最初に異変を感じたのはオリエンテーションの朝。そして、無駄にイケメンなアニメオタク・耕平(犬飼貴丈)と出会い、共にたどり着いたのは、常識が通用しない無法地帯、超ぶっ飛んだダイビングサークルだった! ヤバすぎるメンバーに囲まれた、伊織と耕平の運命はいかに……!?

 監督を務めるのは、『ハンサム★スーツ』や『ヒロイン失格』などを手掛けた青春コメディ映画の名手、英勉。キャラのあまりの脱ぎっぷりから、主に衣装の面で「絶対に映像化不可能」と言われた本作がどう映像化されるのかが見どころだ。

 映画『ぐらんぶる』は8月7日(金)全国公開。

《かいこま》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース