米国から最新ガジェットやハウツー動画を発信!Tech YouTuberのこだわり環境 | RBB TODAY

米国から最新ガジェットやハウツー動画を発信!Tech YouTuberのこだわり環境

IT・デジタル ネタ
米国から最新ガジェットやハウツー動画を発信!Tech YouTuberのこだわり環境
米国から最新ガジェットやハウツー動画を発信!Tech YouTuberのこだわり環境 全 1 枚
/
拡大写真
 機材の性能や周辺機器の使い勝手に徹底的にこだわった動画クリエイターの作業環境は、テレワーク環境を構築するうえでも参考になる。今回紹介するのは、ガジェット紹介やハウツー動画をYouTubeで公開しているサンフランシスコ在住のコンテンツクリエイター、大石結花さん。iMac ProをメインPCに据えた自宅のデスク環境を公開している。



 大石さんがメインで使用しているのは、10コアの27インチiMac Pro。今年初めに16インチMacBook Proを購入したときには使用機材をそれ1本に絞ることも考えたものの、レンダリングの速さなどの面でiMac Proに優位性があることから環境を再構築。自宅での動画編集にはiMac Pro、ライブ配信用などのサブ機としてMacBook Proという使い分けに行き着いたとのこと。それに加えてiPad Proもデスクに常設しておき、Macのサイドディスプレイとして使うことが多いと話す。

 また、ディスプレイにはLGの湾曲ディスプレイを導入したものの、解像度の面で不足感があったことから、現在はiMac Proの5K Retinaディスプレイを使用していると試行錯誤の過程を語っている。そのほかに、ボタンをカスタマイズしてアクションを設定できるロジクールのマウス「MXMaster3」や、Macアプリから明るさなどをコントロールできる動画用ライトの「Elgato key light」、手頃な価格のIKEAのオフィスチェアなども紹介している。

DESK TOUR 2020年夏版 デスクツアー!


 製品レビュー動画も多数公開している大石さん。撮影機材では、6Kでの撮影が可能なBlackmagic Design社の動画カメラ「Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K」のマニアックなレポートも。編集の幅の広さが魅力の同社独自のファイル形式「Blackmagic RAW」で夜のサンフランシスコを撮影し、6Kから4Kに書き出した動画を公開している。

はじめての BMPCC6K!夜のサンフランシスコをBRAWで


 さらに、ユニークなiPhoneアプリも紹介。「Doubletake by FiLMiC Pro」は、iPhoneの2つのカメラを同時に使って撮影できる動画アプリ。Xs/XR以降の機種に対応している。画面を分割してそれぞれの映像を映す「分割モード」のほか、2つのカメラの映像を個別のファイルとして保存できるモードも用意されており、一眼レフにはできない表現が可能になると魅力を語っている。

iPhone をマルチカム化できるアプリついに出た!DoubleTake by FiLMiC


 大石さんはこのほかにも、iPad Proなどの機材解説や、イベントレポート、ライブ配信のハウツーなど幅広い動画を公開している。そして、サンフランシスコからニューヨークに引っ越すことも発表。新天地での動画にも注目したい。

《酒井麻里子》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース