藤森慎吾から桜庭ななみ宛に届いた手紙 板谷由夏は凍りつき......ドラマ『13』 | RBB TODAY

藤森慎吾から桜庭ななみ宛に届いた手紙 板谷由夏は凍りつき......ドラマ『13』

エンタメ 映画・ドラマ
ドラマ『13』(C)東海テレビ
ドラマ『13』(C)東海テレビ 全 2 枚
拡大写真
 15日23時40分からは、ドラマ『13(サーティーン)』(東海テレビ・フジテレビ)第3話が放送される。


 一樹(藤森慎吾)の自宅から白骨死体が発見された。DNA鑑定により、弟の優樹(大窪人衛)の可能性が高いことが判明。刑事の永井(青柳翔)と佐緒里(遊井亮子)は、改めて百合亜(桜庭ななみ)に一樹の居場所を聞く。しかし、どんな問いかけにも、「分かりません」の一点張り。次第に世間では、百合亜を誹謗中傷するネット記事も出回るようになる。

 そのころ、相川家に不審な配達員から百合亜宛ての封書が届いた。慌てて警察に届けるが、麻美(板谷由夏)と千帆(石川瑠華)は、その内容に凍りつく。永井と佐緒里は、封書は一樹が直接届けに来たと直感。一樹がまだ近くに潜伏している可能性が高いと警戒を強める。その後、捜査で百合亜と一樹が一緒に映っている3年前の防犯カメラの映像が見つかる。佐緒里は百合亜に一樹との仲を追及、厳しく取り調べをするが、百合亜は取り乱し、暴れてしまう。

 そのころ、一樹の自宅から血痕が付いた斧が見つかった。斧の柄の部分には、なんと百合亜の血痕が付着していた。優樹は百合亜が殺害したのか?そして一樹との関係は?かたくなに口を割ろうとしない百合亜のもとに、ある人物が「真実を打ち明けたい」とやってくる。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース