ロッチ中岡、コロナ破局危機の過去語る 彼女から「もう別れましょ」 | RBB TODAY

ロッチ中岡、コロナ破局危機の過去語る 彼女から「もう別れましょ」

エンタメ その他
拡大写真
 ロッチ中岡創一が、5日放送の『有吉の夏休み2020』(フジテレビ系)に出演。交際中の彼女と一度“コロナ破局”の危機にあったことを明かした。


 2013年の初回以来、有吉弘行を中心に、気心が知れたメンバーが毎年ハワイを訪れていた同番組。だが今年はコロナの影響で初の国内旅行となった。

 そんな中、滝を滑り降りたり滝つぼに飛び込んだりするアウトドアスポーツ「キャニオニング」から途中参加した中岡。その後の休憩タイムで、彼女の話で盛り上がることに。

 だが毎年、この番組でしか彼女の話を聞いたことがないという平成ノブシコブシ吉村崇が「(その彼女って)本当にいるんですか?」と追及。「いつまで経っても進展がないし、ケンカしたとかフラれた話も聞いたことがない」と責めたてると、中岡は「でもコロナ別れ、一回した」と思わぬ告白。

 一度彼女と住んだとき、その彼女から「近づいたら光る(人感センサー)ライトを、もとから切らないといけない」と言われたという。これに対し中岡は「そんな細かい人だとは思わなかった」と驚きながら、「もとから切らないでいいでしょ」と言い返したところケンカに。

 1週間ぐらいお互い口も利かなくなったある日、部屋の真ん中に三角座りをした彼女から「もう別れましょ」と切り出されたと語った。

 これに対して慌てた中岡は「コロナの時期だから別れるはちょっとやめとこう」と提案。みちょぱから「そこから戻ったんですか?」と聞かれると、彼は「セーフ」と回答。つまり実際は完全な破局まではいかなかったようだが、有吉も「お互いピリピリしてたんだろうな」と同情していた。

《杉山実》

【注目記事】

関連ニュース