NMB48、200日ぶりの有観客公演で7期生お披露目!10周年記念ライブ開催も発表 | RBB TODAY

NMB48、200日ぶりの有観客公演で7期生お披露目!10周年記念ライブ開催も発表

エンタメ 音楽
(C)NMB48
(C)NMB48 全 6 枚
拡大写真
 NMB48が12日、大阪・NMB48劇場で『こじりんの部屋~7期生お披露目~』を開催した。


 今年2月25日の公演を最後に、新型コロナウィルス感染症対策のため生誕祭やイベントを無観客配信で行ってきたが、同日より劇場再開、200日ぶりの有観客公演となった。幕が開けると、キャプテン小嶋花梨と、前田令子がステージに。「お久しぶりです! 嬉しいね~!」と小嶋が大きく手を振ると、「一歩前に進んだ感じがします」と前田も感慨深い表情を浮かべた。

 その後、7期生が「皆さん、初めまして。NMB48です」と全員で挨拶。7期生は11名いることから、ソーシャルディスタンスを保つため2グループに分かれて「夢は逃げない」を歌唱。続いて、7期生はキャッチフレーズと特技をアピールして、それぞれ自己紹介を行った。

 ステージに7期生全員が揃うと、平山真衣が代表して挨拶。「私たちの笑顔や全力のパフォーマンスで、みなさんに沢山の元気をお届けできるように精一杯頑張りたいと思います」と、緊張感を漂わせながらも意気込み。小嶋はそんな7期生に、「NMB48らしく顔面レベルもとっても高くて、誇りを持ってうちらの7期生どうよってアピールできるくらい個性もたくさんあるし、パフォーマンスも素晴らしいものを見せてくれました」と、これからの活躍を熱望した。

 ここで、NMB48劇場の金子支配人がステージへ。ファーストライブから10年の軌跡や今年の配信ライブでのメッセージをまとめた映像が紹介され、最後には「大坂城ホールでのコンサート開催決定」の文字が。その瞬間、「うわ~、嬉しい!!」など、メンバーから歓声が上がった。

 大阪城ホールでの公演は10月23日・24日の2日間・3公演で、まずは23日に「10th Anniversary LIVE ~心を一つに、One for all, All for one~」が開催。さらに、24日の1公演目は「次世代コンサート ~難波しか勝たん!~」、2公演目では「NMB48 吉田朱里卒業コンサート ~さよならピンクさよならアイドル~」が行われる。

 同公演で卒業を迎える吉田は「大きいところで卒業コンサートがしたい」という思いがあったが、新型コロナウィルス感染拡大の影響でそれは不可能とも言われていたという。「でも、やらせていただくことが決まって、やり切ってNMBを卒業できるなと思いました。私の10年間の集大成、私にしかできないものをやりたいといっぱい考えています。10周年を迎えることも嬉しいし、7期生とのみんなとも同じ舞台に立てることも嬉しい」と笑顔を見せた。

 加えて、吉田にはまだ「卒業までにやりたかったこと」として、「吉田朱里プロデュース公演」があったという。今回、その夢も実現し、7期生が出演することに。「7期生のみんなにやってほしいなと思うこともたくさんあるし、これからNMB48を引っ張っていってもらうために、何か最後に残したいなと思った。一緒に頑張って作っていきましょう」と声をかけると、7期生たちは驚きと感動に満ちた表情で大きく頷いた。なお、公演日程は11月をめどに企画中とのこと。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース